夫婦の価値観の違いは、ちょっとしたコツで子供の貴重な学びになる

katikannnotigai

社会に出ると、多様な価値観に出遭います。父親、母親が各々の価値観があることに触れていくことから、子供が家庭を学びの場として成長していってくれれば嬉しいですね

夫婦の価値観の違いから、子育てにおいて、意見がくい違ったりすることは多々あるのではないでしょうか?

食事の時テレビを消すかどうか、おやつの時間帯や就寝時刻、勉強の仕方や進学についてなど……、日常生活の様々な場面で価値観の違いに直面するかと思います。

夫婦と言えど、お互いの育ってきた環境も違えば、もともとの性格も違います。子育てへの考え方、子供の言動に対する感じ方なども違って当然ですね。

夫婦の価値観から生じる考えや意見の相違は、子供の成長にはマイナスのイメージを持たれがちですが、ちょっとしたコツで貴重な学びにもなるのです。それを3つのポイントから考えてみましょう。

ポイント1
幼児期は思いやりを感じ取るよう夫婦で話し合う

幼い頃は、子供自身の経験も少なく、生活範囲も限られていますので、親の言葉や対応が大きな判断基準になっています。ですので父親と母親、異なることを言うと、子供は困惑したり、不安を抱くでしょう。

子供が幼い頃の夫婦の価値観の違いは、お互い視点を変えて、相手の立場に立ってその物事を見てはいかがでしょうか。そうすることによって、歩み寄りること、お互いを思いやる気持ちを子供は学んでいくでしょう。

■夕食時のテレビで意見が違う場合の対処法
例えば、夕食時はテレビを消して家族で会話をしながら食事をしたいママに対して、直ぐにテレビをつけてしまうパパ。普段の生活でもよくある場面ですね。

子育てに対して考えが違うように見えますが、これは表面的なことだけで、充分話し合うと、お互いの気持ちの根底は、家族の幸せ、子供の将来の幸せを願っているという、同じところにたどり着くでしょう。そこに夫婦お互いが相手の立場からの視点で物事を見て、対処法を話し合えば、自然と問題は解決していくでしょう。

「パパは仕事で疲れて自宅に帰ってきてるの、だからゆっくりテレビを見て食事したいのね」「ママは○○ちゃんのことを考えて、いつも一生懸命頑張っているんだな」と言葉にすれば、子供は相手を思いやる気持ちを感じるでしょう。

そして「じゃあ、週末や休日だけはテレビを消して、食事をしましょうか」「パパのゆっくり休める時間を取りましょう」など、その家族にあった解決策も会話の中から生まれてくることでしょう。

>>>子供が将来出遭う多様な価値観、先ずは家庭を学ぶ場としましょう