覚えておきたい!くるりんぱで作る簡単セルフへアアレンジ

結婚式や二次会、パーティーなど、なにかとゲストでお呼ばれする機会が増えるこれからの季節。せっかくだったらオシャレな髪型で行きたいものですね。今回は、自分で簡単にできるミディアムからロングヘア向けのセルフヘアアレンジを紹介します!くるりんぱをベースにしたアップスタイルは、衣装やヘアアクセしだいでパーティー風にもデイリーにも使える万能アレンジです。
hair make WAKO

hair make WAKO


 

ベースのスタイル

長め前髪のミディアムレイヤー

長め前髪のミディアムレイヤー


 

鎖骨下のローレイヤーミディアム






 

似合うスタイル

顔型  すべてOK
髪質  すべてOK 
髪量  やや少ない~多い
クセ なし~あり

ヘアアレンジの方法

s

スライス線はジグザグにとるとナチュラルな仕上がりになる

1. ハーフアップの要領でハチ部分で上下に分け、ハチ下の髪をセンターで二等分します。

 
s

根元から離して結ぶと“くるりんぱ” しやすくなる

2. ハチ上の髪をハーフアップのようにシリコンゴムで結びます。この後“くるりんぱ”をするので、結び目の位置を根元から3~4センチ離して結ぶと良いです。

 
s

サイドの髪、えり足がたるまないように、きつめに結ぶと良い

3. 2で結んだハチ上の髪を一旦ダックカールで仮留めし、サイドの髪も含めてハチ下の髪を左右それぞれ耳後ろの位置でシリコンゴムで結びます。

 
s

穴を大きく開けておくと、毛束を通し易い 

4. 2で結んだ髪を“くるりんぱ”します。結び目の真ん中に指を通し穴をあけ、毛先を上から下にくぐらせます。

 
s

たるみをとる事でねじれがくっきりと出てメリハリが出る

5.  4で “くるりんぱ”した毛束を2つに分け、左右に引っ張りたるみをとります。

 
s

バックから見た感じ

6. 写真のように毛束が3つ出来ます。

 
毛束の内側の位置で結び目に向かって押し込むように留めると、アメピンが見えなくなる

毛束の内側の位置で結び目に向かって押し込むように留めると、アメピンが見えなくなる

7. “くるりんぱ”した毛束から少量の毛束をとりゴムの結び目を隠すように巻きつけ、できるだけ目立たない位置(毛束の下)に小さいアメピンで留めます。

 
s

きつめにねじると崩れにくくなる 

8. 結んだ毛束をフォワード(後ろから前に向かって)方向に中間まできつめにねじります。


 
s

数ヶ所からアメピンをさししっかりと固定すると良い

9. そのままねじっていき、シニヨンを作るイメージでアメピンで固定します。ねじりにくい毛先数センチはシニヨンの根元に押し込むようにアメピンで固定し隠します。

 
s

耳後ろの位置に丸みのあるシニヨンが3つ並ぶ

10. 3つそれぞれの毛束が隣り合うように8,9の行程で毛束をねじり、シニヨンを作っていきます。

 
ss

鏡の前でバランスを決めてからつけると失敗しない

11. 耳前の位置に飾りピンをします。抜け感が出るように前髪はほつれたようにわざと後れ毛にします。

 

次ページでは「上手く仕上げるポイント」をご紹介します。