稚魚の初期飼料、また小型魚のメインフードとして重要なブラインシュリンプ。与えるには、専用の孵化器を用い、塩水で孵化させる必要がある。市販のものもあるが、廃品を利用して、ごくごく簡単に自作できてしまう。

用意するもの


  • 適当な容器※1
  • プラジョイント(L字)※2
  • エアーホース
  • エアーストーン
 ※1 インスタントコーヒーの空き瓶、ペットボトルなどが便利
 ※2ストレートのジョイントでも使用できるが、エアーホースを抜き差しする際にL字のものが便利。実際使ってみると分かる。

加工に必要な道具


  • 電動ドリル(適当なプラスドライバーで代用可)
  • ハサミ


加工の手順


今回は、“インスタントコーヒーの空き瓶”を利用して作ってみた!手軽に入手可能なこと。また容量が凡そ500mlと手頃なサイズだからだ。通常このサイズの孵化器があれば、稚魚の数が100匹や200匹(魚のサイズにも拠るが)位なら事足りる。ガラスの瓶は適度な重さがあり、保温水槽に入れた際の安定が良いことも選択の理由だ。

alt
廃品の利用で地球に優しい!? @ネ○カ○ェ ○ー○ド○レ○ド100g
1.まずコーヒーの空き瓶をよく洗う。その際、蓋の内側にある厚紙も取っておく。表面のラベルも剥がしたあと、タワシなどを利用して接着剤も綺麗に取り除く。

水に入れるので、それらが残っていると汚らしくなってしまう。


alt
 
2.プラスチック製の蓋に排気・送気用の穴を計2つあける。電動ドリルがあれば、4.8mmの穴を。なければ、キリ、もしくは熱したプラスドライバーなどで、プラジョイントがギリギリ入る程度の穴をあける。


alt
送気用にはホースを差し込むためにプラジョイントが必要。排気用の穴は、そのままで構わない。
3.どちらか1つの穴にプラジョイントを差し込む(送気用)。


alt
エアーホースには劣化しにくいシリコンタイプのものを。エアーストンは、型崩れのないセラミック製がベスト!
4.エアーストンが底をきる位にエアーホースを調整し接続。エアーストンは無くても問題ないが、ボコボコと相当うるさくなるので、サイレンサーとして使用。


alt
 
5.外側のジョイントにエアーホースをつなぎ、エアーポンプと接続すれば完成!


10分もあれば製作でき、製作工程も到って簡単!材料費もほとんど掛からないため、ブラインシュリンプが必要な際は一度試してみては。

関連リンク
ブラインシュリンプ
繁殖方法


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。