東京のジンギスカンブームの先駆け「だるまや」

だるまや

だるまや

2015年もそろそろ終わりの気配がしてきました。突然ですが皆さん、「羊」食べてますか?

今年は12年に1度の未年。じゃんじゃん食べて師走にむけての英気を養いましょう! そこで、今回紹介するのは、新宿にあるジンギスカン専門店「だるまや」。まだ東京にジンギスカン専門店が珍しかった10年前、ブームの先駆けともなったお店です。

ジンギスカン1人前890円

チルド状態で仕入れられるオーストラリア産のラム肉

カウンター14席のみの小さな店内は、お客の活気に満ちています。人気店なので予約は必須。全員集合してからでないと席に着けませんのでご注意を。

予約名を告げると、すでに目の前に用意されているのがジンギスカン鍋。まずは人数分のお肉が運ばれてきました。

こちらで使用するのは、北海道の卸会社を通して仕入れられる、オーストラリア産のラム肉。冷凍物でなくチルド状態で仕入れているため瑞々しい肉質が特徴です。2日に1度と頻繁に仕入れるのも、鮮度を常に保持したいから。
ジンギスカン1人前890円

ジンギスカン1人前890円


さっそくレアに炙って食してみると、ラムからあふれ出す肉汁が口いっぱいに広がります。奥深い香りがありつつも、臭みは一切なし! ラムが苦手という方でも楽しんでもらえるはず。

ジンギスカンに合わせる自家製のタレも見逃せません! 醤油とショウガをきかせたすっきりした味わいで、最後に熱いほうじ茶を注げば、ラムからとけだした脂で極上のスープになるのです。

バーナーで焼き上げるラム肉100%ハンバーグ

ラムハンバーグはバーナーで炙る

ラムハンバーグはバーナーで炙る

ジンギスカン以外にもコチラの人気メニューが、「ラムハンバーグ」(2000円)。店で自家挽きするミンチ肉を使用したラム100%ハンバーグです。ジンギスカン鍋の上に置いて、じっくりと火を通しつつ、上部はバーナーの強力な火で炙っていくと、みるみるうちにハンバーグがラグビーボールのように膨らんでいきます。香ばしく焼き上がったところへ、ガーリックバターと醤油をタラ~。
ラムハンバーグ2000円

ラムハンバーグ2000円

箸を入れると、滝のようにあふれる肉汁、肉汁、肉汁!! たまらず頬張れば、ラムの芳醇な旨みが口いっぱいにあふれ、バターのコクがそれをさらにレベルアップしてくれます。
ハンバーグをつき崩してご飯を投入!

ハンバーグをつき崩してご飯を投入!


そして、最後のお楽しみもあるのです。4分の1ほど残しておいたハンバーグをつき崩して、そこにご飯を投入するのがだるま流。ラムの肉汁やガーリックバターをご飯が残さず吸って、これまた絶品!! 

メニューは他にも「あぶりラム刺し」(990円)や、塊肉から焼き上げる「マスターカット」(100g890円)なども。ジンギスカンのみならず、ラムの幅広い楽しみ方を教えてくれる1軒です。

■だるまや
【所在地】:東京都新宿区西新宿1-15-7 西口ライフビル 2F
【電話番号】:03-3344-1129
【営業時間】:17:30~24:00(23:00L.O.)
【定休日】:無休
【地図】:Yahoo! 地図情報
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。