ちょいボサヘアが可愛い!簡単にできる小悪魔アレンジ

もうすぐハロウィンの季節ですね。個性豊かな仮装やパーティーなども年々増え、今年はどんな仮装をするか悩む所ですね!そんなハロウィンをもっと楽しむためにはテーマを決めて完璧にコーディネートする事が大切です!今回は大人の女性でもトライしやすい、ちょいボサ小悪魔アレンジを紹介します。簡単で遊び心もあり、大人可愛く変身できるアレンジなので是非トライしてみて下さい!

ハロウィンヘアアレンジ

hair make WAKO



ベースのスタイル 

鎖骨下のローレイヤーミディアム
aラインボブ

長め前髪のミディアム


 

似合うスタイル 

顔型 すべてOK
髪質  やわらかい~ややかたい
毛量 少ない~やや多い
クセ なし~ややあり



ヘアアレンジの方法

s

ベースにハードスプレーをしておく事でクセが付きやすくなり、スタイルのもちも良くなります

1.毛束をざっくり分けとり、髪から20センチ程度離した状態で根元~中間にハードスプレーをふります。目安として、センターで分け半頭で5~6束に分けて塗布すると良いです。

 
s

正面から見たブロッキング

2.ボサボサヘアを作るために、毛束をねじって留めてクセをつけます。毛束のねじり方は3、4、5の行程で説明していきます。ブロッキングの仕方については6、7で説明していきます。

 
ss

きつめにねじるとクセがつき易くなりなり、もちも良くなる

3.ねじり方について説明していきます。毛束を分けとり、根元からきつめにリバース方向(後ろに向かって)にねじります。


 
s

片方の手でおさえながら巻きつけると失敗しない

4.そのまま中間まできつめにねじっていき頭皮と手元の距離感を近づけると、毛束がよじれて自然に丸まっていきます。更に毛先の3~4センチ手前までねじり続けます。

 
s

3~4センチ残した毛先はクセがつかずストレートっぽくなるので、よりボサボサ感が増す

5.毛先3~4センチ残した所までねじり毛束がおだんごのように丸くなったら、根元のねじれ目の部分に小さめのシングルピンで仮留めします。同様の行程でブロッキングしながら、ねじって留めていきます。毛束をきつめにねじって根元から中間部分にクセをつける事が重要なので、よじれて丸くなった毛束はどんな形になっても良いです。

 
s

サイドから見たブロッキング

6.ブロッキングのとり方について説明していきます。写真のようにサイドはハチ部分で上下に2つに分け、ねじった毛束が2つできます。スライス線はジグザグにザックリ分けるとナチュラルな仕上がりになります。

 
s

バックから見たブロッキング

7.バックのブロッキングのやり方です。写真のようにハチ上で1つ、ハチ下は4等分にします。髪の量が多めの方や直毛の方はブロッキングの数をもう1~2つ増やすとクセがつき易くなります。

 

s

放置時間は長ければ長い程クセがつきます

8.ねじった毛束をドライヤーで温めます。1つの毛束に対して10秒程温めると良いです。そのままの状態で10分くらい時間をおき、クセづけさせます。クセのつき辛い直毛の方は長めに時間をおいた方が良いです。放置時間中にメークをすると時間の有効活用ができますね。


 
s

1つ外した時点でウェーブがゆるすぎたらねじり直しもう少し時間を置くと良い

9.外すと毛先がだれて、根元から中間にゆるめなウェーブのある状態になります。

 
s

大胆に崩した方がボリュームとやわらかさが出る

10.全部外した後に手ぐしで根元からほぐします。

 
s

鏡で確認しながらつけると良いです

11.耳真ん中の位置でカチューシャをします。

 
s

鏡で確認しながらすると良い

12.トップの髪を少し引き出し、カチューシャの土台が見えないようにします。表面の髪の根元~中間部分にハードワックスを少しだけつけると、ボリュームが出てボサボサ感が増します。


 

次ページでは「上手く仕上げるポイント」と「メイクのコツ」をご紹介します!