子どもが受験のスランプになった時

・初めての受験、追い込まれているように感じる
・子どもの成績が少し伸び悩み気味
・毎日、家と塾の往復にチョット疲ているかも


こんな時に親としてどうしたらいいのでしょうか?どこかによくきく薬や処方箋はあるのでしょうか?実はあります。しかも親子で簡単にできる方法です。

スランプの解決策の一つは「親子で非日常の運動に挑戦する」です。高いところに登り、てっぺんで一緒に背伸びをして深呼吸をして腕を大きく回すのです。

私は子どもの受験期に気合を入れて大阪城に登りましたが、近くのスーパーやビルの屋上でも大丈夫です。空気がよくて見晴らしがいい高い場所に行くことでリフレッシュされます。

なぜいいのか?

受験,スランプ,合格,親子

屋上から見た風景

人の目は、近くと遠くを見て観察するように作られています。しかし、受験勉強は30cm圏内の眼球の動きだけの繰り返しです。さらにほとんどが下を向いた背中が丸まった状態で、肘が自分の肩より上に上がることはまずないでしょう。これでは身体が固まりその結果、思考も固定化される危険があります。

ちょっと考えてみてください。誰もスキップしながら落ち込むことってできないですよね。これと同じで、身体の動きは頭と連動しています。勉強の姿勢は悩む格好に似ているため、たまには身体とこころの気分転換が必要です。高い場所、見晴らしのいい所に行って大きく深呼吸をして遠くを観ましょう。そして腕や足を使って非日常の体操をしましょう。

どんな効果があるの?

ここで重要なことはエレベーターやエスカレーターなどをできるだけ使わず屋上に行く。そこで非日常の運動や体操をします。すると
  • 首や体のストレッチになる
  • 目や脳が活性化される
  • 高い場所には地上とまた違う物が見えるので気分もリフレッシュ
  • 足腰を鍛えるので運動不足の解消になる
  • なにより達成感が味わえる

実際にどうするの?

では実際にどうしたらいいのでしょうか。今回は私の息子や娘と一緒に受験期に行って、ばっちり結果が出た方法を3つ、動画で紹介します。親も一緒に楽しんで体と心の体操してください。

まず最初は、頭の中の右脳と左脳が混乱してそのあと活性化する「不思議な腕回し」です。
https://www.youtube.com/watch?v=2GVEfW9GO0Q
できるだけ手を伸ばして、笑顔で笑いながら行ってください!!

2つ目は深呼吸と肩甲骨体操です。
野球の選手、テニス、バドミントン、そしてゴルフにもきくといわれています。
ゴルフのスコア―を気にするお父さんにもおすすめかも
https://www.youtube.com/watch?v=4ERwMmrdZqc

3つ目は身体のバランスをよくする方法です。
目をつぶったらどうなるか。全国大会で活躍する少年野球チームには導入しているところもあります。実際に行うと意外と難しいですよ。何秒できますか?目標は右、左とも30秒です。
https://www.youtube.com/watch?v=NGZwxua89qM

どうでしたか?子どもが少しおちこんでたら
「今度、気分転換に高いとこ登らないか?」
「登ると思考が活性化して勉強がはかどるらしいよ」と気さくに誘ってあげてください。

まずはてっぺんを目指すなら自分の脚力を使って自力で登りきる、この自力本願が大切なのです。小さな目標達成かもしれませんが、自分で最後まで行うこの達成感を味わってほしいのです。この感覚はきっと合格した時に味わう大きな達成感にもつながると思います。

てっぺんで未来を語ろう

せっかく親子でてっぺんに登ったのですから、この機会に遠くを見ながら「今、あなたが頑張って勉強していることを活用して将来どんな事をしたいの」とゆるく尋ねてみてください。

志望校合格という半年後1年後の短期目標でなく、10年後20年後の子どもの未来の長期目標を聴いてみてください。人は1日の思考の中で12%は未来の思考しているといわれています。しかしその時間はたった4時間先から100時間先だそうです。これなら最長でも4日先の近未来ですね。単純な予定の確認になります。1万時間や10万時間先の理想のなりたい自分像を、1度イメージして語ってみてください。

受験,スランプ,合格,親子

屋上から見た空

「将来、こんな仕事をして社会に役に立ちたい」「未来は海外にいってこんな活動をしている」とか何でもいいのです。

とにかく大切なのは親が一切の制限をかけない、話の腰を折らない、過剰な自分勝手な期待や要望を持たないこと。あくまでも自然体で子どもに好きなように語らせてあげてください。その時は「うん、うん」とただうなずいてあげてほしいのです。そして「大丈夫、あなたなら必ずできるから」とだけ言ってあげてほしいのです。

もしこどもが「そうか今、私はその準備のために勉強しているんだ」となれば儲けもの。「まだ、よくわからないな~~」でもいいです。未来を考える貴重な機会はできたのですから……。1歩大きく前進です。

人生の結果が変わるキーワード

この未来の理想の自分像を考える時にとても役立つキーワードを2つご紹介しましょう。それは自分の将来の仕事、活動が「誰のため」のものであり「何のため」になるのか?

この2つのキーワードを突き詰めるのがとても重要です。是非、親子でてっぺんで非日常の運動の後で一緒に未来の夢を語り合ってみてください。一切の制限なしで楽しくお願いします。またどこかでその結果をこっそり教えてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。