都立併願校として人気集める

東京23区内の共学校において、偏差値55以上のコースを設置している附属中学・大学のない私立高校をご紹介します。

東京23区内の共学校において、偏差値55以上のコースを設置している附属中学・大学のない私立高校をご紹介します。

都立高校の併願先を考えるとき、附属中学・大学のない私立高校を希望される方が多いです。つまり、中学からの進級組が存在せず、全員が高校1年生からスタートする環境を望まれる、ということです。また、まだ将来の進路が決まっていないため、附属大学がない高校を考えたいということでしょう。東京23区内の共学校において、偏差値55以上のコースを設置している附属中学・大学のない私立高校を9校ご紹介します。

1.東洋高校(千代田区)[共学] (Vもぎ偏差値 特進選抜61 特進59 総合進学57)
アクセス:水道橋駅から徒歩2分/神保町駅から徒歩8分
110年の伝統がありながら、新しいことにも取り組んでいる高校です。地上12階、地下2階のビル全体が校舎であり、校庭はありません。体育祭は第2駒沢競技場で行われています。特別選抜クラスは「特別選抜コース」「特進コース」「総合進学コース」があり、2年進級時に成績次第で上位コースに変更できます。男子バレー部は全国大会常連になっています。

2.朋優学院高校(品川区) [共学](Vもぎ偏差値 国公立62 特進58 進学55)
アクセス:中延駅から徒歩8分/中延駅・荏原町駅から徒歩8分
1946年、中延学園高等女学校として設立されました。2001年に朋優学院高等学校と改称し、男女共学化しています。2017年夏に校舎工事が終了し、最新の施設で学習できるようになる予定です。「国公立コース」は少人数制、特待生となっています。英単語などの小テストが多く、基準に満たないと再テストということも。校則や学習管理は厳しいという声が多いです。

3.東京高校(大田区) [共学](Vもぎ偏差値53)
アクセス:鵜の木駅から徒歩5分
145年の歴史を誇る伝統校です。特色ある5つのコ-スごとに厳選したカリキュラムが採用されています。国公立・ 早慶上理・GMARCHの大学合格実績は毎年約50名前後で推移しています。運動部は、陸上部・ラグビー部・女子硬式テニス部・女子バレ-部・チアリーディング部などが全国レベルで活躍し、文化部は、吹奏楽部が活躍しています。中でも陸上部はインターハイ全国大会優勝、テニス部、ラグビー部は全国大会出場の実績があります。

4.東亜学園高校(中野区) [共学] (Vもぎ偏差値 特進56 総合選抜50)
アクセス:新井薬師前駅から徒歩1分
東亜学園の1年間には1学期・2学期・3学期という、学期の区切りがありません。1年をかけてじっくりと力を伸ばしていきます。5つのコースが設けられ、一人ひとりの成長に応えています。コース選択は、2年次より本人の希望と成績により行われます。校内施設は快適な教室をはじめ、広々とした閲覧席が特徴の図書館や開放感のあるカフェテリア、東亜学園ならではのフェンシング場、本格的なホールやリラックスできる屋上庭園など、充実した3年間を過ごすための環境が整っています。

5.杉並学院高校(杉並区) [共学] (Vもぎ偏差値 特進57 文理53)
アクセス:高円寺・阿佐ヶ谷駅から徒歩8分
2000年に学校名を杉並学院中学高校と改め、男女共学校として再出発しました。習熟度別授業を効果的に展開するため、「特進」「文理」の2つのコースを設定しています。2つのコースは、教材は異なる場合もありますが、教育課程は共通です。2年進級時には、1学年次の学習状態をもとにコース変更が可能です。2年生からは教育課程が「文系」「理系」の2つに分かれます。3年次は私大受験から国公立受験までの幅広い進路選択が可能です。

6.関東第一高校(江戸川区) [共学] (Vもぎ偏差値 特進55 進学A48 進学G43)
アクセス:新小岩駅から徒歩15分
近くには荒川が流れ、東京スカイツリーと富士山を同時に望むことができる閑静な住宅街に位置します。7階建ての本館をはじめ、施設が充実しています。国公立大学・難関私立大学を目標とする「特別進学コース」、難関私立大学を目標とする「進学Aコース」、中堅私立大学・短大・専門学校を目標とする「進学Gコース」、4年制大学・短大・専門学校を目標とする「スポーツコース」の普通科4コースを設置しています。

7.駒場学園高校(世田谷区) [共学] (Vもぎ偏差値 特進55 国際52 進学46 食物調理43)
アクセス:池尻大橋駅、池ノ上駅、駒場東大前駅から徒歩10分
最新の教育設備が整う世田谷校舎のほか、富士山を間近に見る雄大な自然を背景とした御殿場校舎キャンパスがあり、御殿場授業やクラブ合宿、特進・国際コースの勉強合宿などに使われています。難関大学に対応できるハイレベルな授業を行う「普通科 特別進学コース」、国際社会で活躍できる人材を育てる「普通科 国際コース」、生徒一人ひとりの個性と可能性を育む「普通科 進学コース」、実践的な教育でプロの技を修得できる「食物調理科」と、目的意識にあわせた教育を行う4つのコースが設置されています。

8.岩倉高校(台東区) [共学] (Vもぎ偏差値 S特55 特進49 運輸43 総進42)
アクセス:上野駅から徒歩1分
地下1階~地上10階建ての「中央館」を中心に、最新設備が整っています。2万冊の蔵書をコンピュータで管理する図書室、200名が一度に食事できるカフェテリア、館内の高さが9.2メートルある広々とした体育館のほか、2013年にリニューアルした乗務・運転実習を行う鉄道実習室(シミュレータ)が特徴的です。コース・学科は国公立や早慶上理、GMARCHなど難関大学の合格をめざす「S特コース・特進コース」、大学進学を中心にスポーツや鉄道分野の進路希望にも対応する「総進コース」、安全の知識や車掌業務、運転技術など伝統の鉄道教育などを受ける「運輸科」があります。

9.大森学園高校(大田区) [共学] (Vもぎ偏差値 特進56 進学48 普通44)
アクセス:大森町駅から徒歩5分
創立70年以上の伝統校ですが、制服はイタリアンブランド「ベネトン」を東京で初めて採用しています。地下1階の広々とした機械コース実習室から、地上8階のパノラマラウンジ(売店・食堂)・音楽室・理科室と、最新の設備が整っています。天気が良い日はパノラマラウンジから富士山が見えることも。1時限目の始業前の20分間、英単語や漢字の練習などを行う「0時限授業」や、大森学園SSC(学習支援センター)を活用することで、生徒一人ひとりの学力・能力を最大限に伸ばす工夫がされています。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。