半円形の街路で有名な田園調布の高級住宅街の先を抜けると、多摩川の河川敷に至るまで起伏に富んだ落ち着いた住宅街が広がっています。この分譲地に出合ったVさんは、陽当たりと眺めの良さが気に入り、ここに自邸を建てる事を決めました。

「一日中光が入る天井の高い広いリビング」を希望されていたところ、SE構法なら木造で実現できることを知り、その展示会で目にした設計事務所アーキプレイスの住宅のデザインに共感し、1年後にこの土地を手に入れたのをきっかけに、石井正博さんと近藤民子さんにご自宅の設計を託しました。

テラス付きの間口の広い家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. ベージュ色のボーダータイルで覆われた暖かみを感じる外観。
写真:設計事務所アーキプレイス
外観
2. 東側の外観。手前の傾いた屋根は北側の斜線規制によるもの。
テラス
3. 趣味室のドライエリアからデッキテラスへ上がる。縦格子のルーバーは物干バルコニーの目隠し。
テラス
4. デッキテラスの奥行きは7.5m。




1区画が60坪以上の雛壇状に整地されたこの土地は、バブル景気の頃に低層の集合住宅の建設が予定されていました。景気の変動により、基礎の段階まで進んでいた計画は変更され、現在のゆったりとした戸建ての分譲地に生まれ変わったのです。

前面道路から続く間口の広いアプローチの先に、フラットな屋根とベージュ色のタイルの外壁が印象邸な大きな2階家が建っています。既存の擁壁を削って地下室とし、手前に玄関を設け、擁壁の前面はフェンスで囲われたテラスになっています。ここは隣家との緩衝地帯の役割も担っています。この空間のお陰で、隣地に家が建っても多摩川への眺めが遮られることはありません。

◆建築データと建築家プロフィール