日本テレビ系木曜深夜放送の『婚活刑事』。ヒロイン・花田米子刑事の愛した人が必ず犯人、という『うぬぼれ刑事』を思わせる設定。二番煎じになるんではないかと思われましたが、お見合いパーティで出会った三人がみんな好きで本命が絞り切れない、とか年下の刑事にホレられたり、といったヒネリも入れて飽きさせません。夏ドラマの大穴的作品です。


伊藤歩の再ブレイク

一番重要なのは主演の伊藤歩の演技。バカバカしい設定を大マジメに、かつ楽しそうに演じています。並の女優だとあそこまでドラマがおもしろくなりません。

伊藤歩で有名なのは十代で出演した岩井俊二監督の『スワロウテイル』の少女・アゲハ役。その後、二十代になると助演中心でしたが、昨年の『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』で北野裕一郎(斎藤工)の妻役で注目され再浮上。

今年になってNHKBSプレミアムの『その男、意識高い系。』で連ドラ初主演、『婚活刑事』で民放連ドラ初主演と活躍しています。

「事務所力」を考える

なぜ再注目されたのか。調べると2013年に所属事務所をセブンス・アベニューに移籍しているんですね。

セブンス・アベニューは松嶋菜々子の元マネージャーが社長。松嶋菜々子が1996年に朝ドラ『ひまわり』のヒロインになった後、1997年に独立。「セブン=なな」で名前から松嶋菜々子メイン。

2003年にノンノモデルだった藤澤恵麻が所属となり、初めてのオーディションで『天花』のヒロインに。2004年に井上真央が子役時代の事務所から移籍。事務所が『花より男子』の原作権を持っていたことを武器に主演させてブレイク。

と、この三人で朝ドラ三作、大河ドラマ二作のヒロインという驚異的な実績を持っています。

飛躍するための移籍

他には白川由美が元は夫・二谷英明の個人事務所所属だったのを反町隆史版『GTO』で松嶋菜々子と共演していた縁で移籍。

そして伊藤歩が五人目。すでに実績十分の白川由美以外の四人の売り出しに成功する、実力のある事務所です。

事務所の移籍というと芸能ニュース的にはトラブルで話題になりますが、それだけじゃなく飛躍するための移籍の例を見てみましょう。

次は「若手発掘型とキャリアアップ型