色鮮やかな世界に漂う透明なクラゲ

東京スカイツリータウンのソラマチにある、すみだ水族館では、2015年12月27日(日)まで、「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」が開催中です。まずは、動画をご覧ください。※動画を再生すると音楽が流れますのでご注意下さい。

 クラゲ万華鏡トンネルは、全長50メートルのスロープの壁と天井に約5000枚の鏡が敷き詰められており、万華鏡の中にいるような幻想的な空間です。

クラゲ万華鏡トンネル

約5000枚の鏡が敷き詰められる「クラゲ万華鏡トンネル」


その8つのクラゲ水槽と壁面に、写真家・映画監督の蜷川実花氏の作品が鮮やかに映し出されます。投影作品は、全て新作で、昼と夜の2つのバージョンがあり、18時30分で切り替わります。
クラゲ万華鏡トンネル

色鮮やかな昼バージョン


昼は色鮮やかな南国の花や海、空が映し出され、水槽内には、透き通ったミズクラゲがふわふわと泳ぎます。クラゲが体を開いたり閉じたりすると、不思議な影が映像と重なります。独特の世界観のある蜷川氏の作品の中を漂うクラゲの姿を見ていると、異次元に引き込まれるようにも感じます。
クラゲ万華鏡トンネル

透明な水クラゲの体と影が鮮やかな花に重なり幻想的


夜は東京の夜景や高速道路、東京スカイツリー、人が行き交う渋谷のスクランブル交差点、モノトーンの花などが投影され、おしゃれで都会的な雰囲気です。
クラゲ万華鏡トンネルの夜バージョン

水槽とミラーに囲まれる不思議な雰囲気(夜バージョン)


クラゲ万華鏡トンネルの夜バージョン

都会的な雰囲気の夜バージョン


水族館内は、音楽やアロマも香り、五感を刺激する斬新な展示です。

また、すみだ水族館は、体験型の水族館として、イベントが常時開催されています。「蜷川実花×すみだ水族館 クラゲ万華鏡トンネル」の期間中は、毎週金曜日の夜に、クラゲの秘密に迫る!オトナ女子限定「ふわふわクラゲガール」も行われます。

次の頁では、すみだ水族館のかわいい人気者をご紹介します。