「究極のスポーツマシン」が開発コンセプトの隼

2014年undefined国内仕様undefined隼

2014年 国内仕様 隼


二輪メーカー各社がこぞって最高速を追求していた1990年代、CBR1100XXスーパーブラックバードが雑誌のテストで時速303キロを記録したのですが、それを大幅に超える312キロの性能を発揮した車両が隼(ハヤブサ)です。名称の「隼」(ハヤブサ)は、皆さんがご存知の小型の猛禽類から名付けられました。普段は悠々と上昇気流に乗って飛んでいるのに、必要な時には何の苦もなく時速300キロ以上で飛ぶことができる能力が、開発コンセプトである「アルティメット・スポーツ」(スーパースポーツを超える究極のスポーツマシン)にマッチしたことから採用されました。

最大の特徴は圧倒的な最高速度と高性能を持ちながら、公道使用下でも低速から高速までスムーズに加速し、クセのない操舵性で、ビギナーからベテラン層まで幅広く支持されています。

隼の年式一覧

1999年のリリース当時から国内販売はなかったため、逆輸入車*のみの販売でした。細かな変更は年々加えられているものの、2008年にフルモデルチェンジが行われ、現在のモデルは二代目にあたります。

*逆輸入車……日本国内で海外向けに生産した輸出モデルを、再輸入した車両のこと。出力の規制を受けないなどの利点があります。
隼undefined年表

隼 年表


2008年以降の主な変更点は、
  • 排気量が1299cc→1340ccへ拡大
  • フロントブレーキがラジアルマウントに変更
  • スズキデュアルスロットルバルブ採用
  • ツインフューエルインジェクター採用
  • 出力特性を3段階から選べるスズキドライブモードセレクター採用
となっています。

また2014年から販売が開始された国産仕様車で、逆輸入車と異なる点は、
  • ABS搭載
  • ETC装備
  • スピードリミッター装備
の3点です。ABSは好みがあるかもしれませんが、ETCについては装着済みという点でメリットかと思います。

次のページでは中古車の相場と、購入時に注意すべき点についてご紹介します。

>>> 次ページ 中古車相場観と購入時に注意すべき点とは