ビッグネイキッドの頂点を目指して開発されたGSX1400

GSX1400

2008年式 GSX1400


競合他社が、相次いでリッターオーバーのビッグネイキッドモデルを投入するなか、後発のスズキが出した答えは、既存油冷エンジンのブラッシュアップでした。油冷エンジンは、空冷エンジンに比べて冷却効果が高いこと、水冷エンジンに比べ構造がシンプルかつ、美しい造形美を備える冷却フィンがメリットが多かったのです。

ビッグネイキッド最大の強みである「圧倒的な中低速のトルク」は排気量の大きさが有利に働きますが、軽快なハンドリング、足着き性を実現するためには、むやみにエンジン幅を拡大することはできなかったため、バンディット1200のエンジンを参考に、新開発された1401.62ccのエンジンを搭載することになりました。

他社が5速ミッションを搭載している中、6速でも強いトルクを生かした巡航走行が可能と判断し、5速までを一般的な減速比で、3000回転で時速100キロに到達する6速を追加したトランスミッションを採用。また、スズキの油冷エンジンで初のフューエルインジェクションモデルであり、スズキの意気込みを感じるマシンでした。

GSX1400の種類

GSX1400undefined年表

GSX1400 年表


2001年から販売が開始されて限定モデルも数種存在しますが、2008年にスペシャルエディションとして専用カラーリングの限定車の発表を最後に生産は終了しました。中でも希少なのは1970年以降、スズキと関係が深かったパーツメーカー、ヨシムラジャパンの50周年記念モデルです。全国で50台のみ限定販売され、中古車でお目に掛かることは稀、見掛けたとしても、プレミアが付いており当時の販売価格を上回っています。

次は、中古車の相場観と購入時に注意する点についてまとめました。

>> GSX1400の中古車の相場観と購入時に注意する点とは