自然のエネルギーを五感で感じる、やんばるエコステイ

yanbaru

亜熱帯の自然を身近で体験できるやんばるステイ。朝日屋では山と海の両方の自然に触れることができます


朝日家での過ごし方は、自然のリズムに身を任せてお腹の底から自然のエネルギーを吸い込むことから始まります。カフェにいても部屋にいても、窓の外にはいつでも大きな海が広がり、波の音がBGM代わり。ゲストルームはシンプルでありながら必要なものはすべて揃うので、不便さを感じることはないはず。

tobira

目の前を遮るものは何もありません。海や風をダイレクトに感じながら過ごすのが醍醐味


大きく光を取り入れた窓際のテラスルームで本を読んだり、お昼寝したり、室内に居ながらもずっと海を感じながら過ごすことができるのが素敵です。満月の夜は海を照らす月光にうっとりと見入り、新月の夜は夜闇に浮かぶ星屑を数えたり、ノグチゲラやリュウキュウコノハズクの鳴き声に耳をすませたり。大きなホテルだとかき消されてしまう自然の営みが、ダイレクトにそのまま目や耳に届いてくるので、何もないと思っていた空間が実はたくさんの生命であふれていることに気がつきます。

cafe

ギャラリーも兼ねたカフェスペースには琉球グラスや素敵な雑貨類がならびます


食事はお隣のカフェ水母でいただきますが、夜ご飯も朝ごはんも食卓には丁寧につくられた滋味豊かな品々が並びます。庭で育てた新鮮な野菜やハーブがたっぷりと使われた優しい味の魚やお肉と玄米ご飯。沖縄の食材と自然の恵みをじっくり味わいながらいただきましょう。

breakfast

丁寧につくられたご飯は沖縄の自然の恵みがいっぱいです


自家製天然酵母パンや、安心で身体に優しい食材だけを使ったスイーツメニューが人気のカフェなので、海を眺めながら午後のティータイムもおすすめです。部屋にはキッチンも付いているので、食材を用意して作って食べるのもあり。国頭や大宜味の道の駅で新鮮な島野菜を買い込んで料理に腕をふるうのも楽しそうです。

chair

随所にさりげないセンスがちりばめられているのが素敵!



実は、この朝日家もカフェ水母もすべてオーナーの手作りによるもの。台風が多い沖縄の、しかもこんなに海に近い場所に建物を手作りで作ってしまうことに驚きますが、漆喰の壁や木のぬくもりあふれる家具が心地よく、流木の使い方や遊びココロが効いた色使いにセンスのよさを感じさせます。滞在中はずっと空間の主役である窓に映る海を眺められるようデザインされているのもさすが。季節や天気、1日の時刻によって色彩や表情を変える海はまるでプリズムのよう。一日中眺めていても飽きることはありません。

ban

看板猫のバンちゃんはいつも一番気持ちのいい場所でのんびりくつろいでいます


ちなみに、この朝日家には看板猫のばんちゃんがいます。人によく慣れていて、でもけっしてベタベタすることなく常にマイペースで我が道を行く美猫に、猫好きな人はメロメロになってしまうかも。いつも一番居心地よい場所で悠々自適にくつろぐばんちゃんにならって、人間も眩しく輝く朝の光で目覚め、波の音を聞きながら眠りにつく幸せを体験してみてはいかがでしょうか?

やんばるの自然に溶け込むように流れる時間に身を置いているうちに、訪れた人は普段は忘れてしまいがちな大切なこと、<自分たちが自然によって生かされていること>にふと気づかされるのではないかと思います。


「旅の宿 朝日家」
沖縄県国頭郡国頭村字楚洲伊江原150ー1
TEL/FAX  0980-50-4040




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。