構造計算で安全チェック

3階建てを建てたいと思うとき、間取りよりも構造の安全性を心配される方が多いのではないでしょうか。特に狭い敷地であれば、スリムでノッポな印象を受けるので、なおさら揺れ等が心配になります。3階建て住宅は、地震や台風のときには2階建てに比べ、1階に大きな力がかかります。したがって、きちんと構造計算をして、安全性を確かめることが重要です。

設計:佐川旭建築研究所

設計:佐川旭建築研究所


 

建物にかかる力は2つ

建物が壊れないためには、2つの力に対して耐えなければなりません。1つは建物全体の重さなど、上下方向の自重です。もうひとつが横方向の力です。木造の建物は、柱や梁の軸組みだけではこれらの力に対し不十分なので、壁で覆い強度をあげます。それが耐力壁や耐震壁です。さらに床も重要で、合板の厚さで軸組みを禁固にさせる役割も果たしています。


間取りに対する構造的制約

3階建ては、2階建て住宅の1.5倍高い耐震性能が求められます。したがって、間取りも2階建てと比べ、制約があるのです。

・階段はどの階も同じ位置に設ける。
・吹抜け面積は制限される。
・1階は構造壁が多くなるので、開口部が少なくなる。
・建物の四隅には基本的に筋違いを入れる。
・上下階方向にはなるべく柱や壁を同じ位置に設ける。

これらを考慮して間取りを考えなくてはいけません。