魅力をつくる『おはよう』の発声法を実践!

声が変わったら人気者になり3ヶ月で結婚に!

声が変わったら人気者になり3ヶ月で結婚に!

とにかく都内の某お見合い所だけがWさんの希望でしたが、「このままの生活ではよいわけがない」と考えていたそうです。

こんな時にWさんとお会いする事になり、パートナー・コミュニケーションを指導する事になりました。

当時のWさんの印象といえば、すっかりと自信を失っているようにみえました。

そこで私は、まずは声をどのように出すといいかということを指導しました。
理由としては、声に全くと言っていいほど魅力がなかったからです。
まずは、いつもより高い声で『あいさつ』するように伝えました。
そうしたところ少し明るい印象になりました。

声を高くすると同じ言葉でも明るく聞こえます。
「おはよう!」と高い声で伝えるのと、「おはよう……」と低い声で伝えるのでは印象が違うとは思いませんか?

そして、「おはよう!」という高い声に笑顔を加えて伝えると、もっと明るい印象を相手に感じさせることが出来ます。
こういった声などのコミュニケーションが恋愛ではとても重要になってきます。

これは、『ノンバーバルコミュニケーション』というもので、身振り、手振り、声の印象などの言葉以外のコミュニケーション方法が重要なのです。

そんな技術を身につけたWさんはこの後3ヶ月で結婚という快挙を出されるのでした。

そこにはもう自信のない無口な以前の姿はありません。
そこにあるのは、存在感がありつつ優しく穏やかな笑顔を湛えたWさんの姿でした!

《本日の格言》
================================================
心すでに感ずれば、すなわち、口に発して声となる。

高杉晋作《幕末の志士、長州藩士・1839年~1867年》
================================================

【関連記事】
男性が付き合ってすぐにガッカリされがちな3つの場面
失恋を引きずる男性の心理 ~恋愛ビジネス学~

【坂井ガイドからのお知らせ】
★無料!!少人数指導!!男性限定!本気で変わりたい人限定。 ≪体験講座≫恋愛力×ビジネス交渉力 向上の講座!!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。