腸内フローラとは

私たちの腸内にはなんと100兆匹~1000兆匹、約300種類の細菌が生息しているといわれています。私は前職で便や尿、血液などを培養し、どんな細菌なのかを同定する仕事をしていたので、その数と種類、増殖力に驚いたものです。

この腸内細菌の働きは、栄養物の消化や吸収を助け、腸の働きを促し、私たちに必要なビタミンを生成したり、感染防御を行うなど多岐に渡ります。その反面、抵抗力が弱い場合の感染源となったり、ビタミンを分解し、有害物質を出すこともあります。

腸内細菌も生きていくためには栄養が必要です。良い栄養を摂ることで腸内細菌も健康になります。そして腸内細菌も健康になると腸がきれいになり、肌もきれいになります。何より口にするものが重要であるため、その場しのぎのサプリメントでは美肌への道は遠いでしょう。

やはり、あなたの腸を根本から変え、美肌を手にするには栄養的側面の食事と薬膳的な考えが重要となります。

東洋医学が考える、肌と食事の関係

肌荒れ

肌の状態は腸内の状態を表しています

東洋医学では、人間の内臓を「肺・心・脾・肝・腎」の五臓と「胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦」の六腑に分けて考えます。この五臓六腑がバランスよく働いているのが健康な状態で、肌には脾(ひ)と胃、肺と大腸が関係していると考えられています。

脾と胃は食べ物を受け入れ、消化し、栄養を吸収し、気血水のエネルギーを作ります。食事が食べられないと、肌どころか内臓機能も衰え始めます。私たちは食事から生命力を得ているのです。

また、食事の質や日常生活のリズムが悪いと大腸の調子が悪くなり、結果として肌荒れが起こります。これは大腸と肺が表裏一体であることの証明です。

さらに肺はきれいな空気を取り入れ、外に汚い空気を排泄し、水を調節する臓器と考えられているので、肺の調子が悪いと老廃物が停滞し、結果カラダの中は汚れてきます。

美肌を目指すには、質の良い食べ物を、ちょうど良い量で食べ、必要な栄養だけを吸収し、老廃物を体外に排泄をすることが肝心ということですね。

明日の美肌のためにできること

では、美肌にはどういった食事をしたらいいのでしょうか?

大原則として、水分は絶対にはずせません。私たちの60%は水分でできていますし、水で潤っていないとカサカサ、シワシワになってしまいます。

水分

必要な水分量には個人差がありますが、平均的には毎日2リットルは飲んだほうが良いですね

実際にどのくらいの水分量が必要かというと、それには個人差があります。運動をする、汗をかきやすい、辛いものや味の濃いものを良く食べる場合は、多めに水分を飲む必要があります。平均的には毎日2リットルの水分は飲んだほうが良いですね。またカフェインは腸を動かす働きがありますので適度に飲むのも良いと思います。

そして刺激物の摂取や食べすぎは脾胃にかなりの負担をかけますので、できるだけ控え、適量にしなくてはいけません。脾胃が疲れているとどんな良い栄養も吸収できない可能性があります。もともと胃腸が弱い方は消化の良い食べ物を食べましょう。

発酵食品

発酵食品

また、発酵食品を摂ることで腸内の善玉菌の栄養になります。もちろん善玉菌である乳酸菌もたくさん含まれています。そこで納豆や味噌、キムチ、ヨーグルト、チーズなどを毎日の食事に取り入れましょう。

 
食物繊維

食物繊維

さらにニンジン、リンゴ、バナナは便通を改善するだけでなく、腸内の高まった熱を和らげ、水分の蒸発を抑えるので便が潤い、出やすくなります。また食物繊維が多いため、善玉菌の栄養になります。バナナにはオリゴ糖も含まれ、ビフィズス菌の栄養にもなります。

 
蜂蜜とオリーブオイル

蜂蜜とオリーブオイル

そして蜂蜜とオリーブオイルです。両者とも腸を潤し、便通を良くするとして古来より使われてきました。蜂蜜はオリゴ糖を含み、オリーブオイルはオレイン酸を含みます。オレイン酸は腸を刺激し、排便を促し、さらには皮脂を構成している脂肪酸の中でもっとも多く含まれ、皮膚をしなやかにしてくれます。

深呼吸

リラックスできるタイミングですっきり深呼吸を取り入れましょう

食事以外に、睡眠や運動が大事なのはご存知だと思います。そこにおなかのマッサージを入れ、深呼吸を取り入れることで腸と肺の働きが改善され、きっと腸内は元気になるでしょう。

日々の生活を少し注意するだけで、腸内環境は整い、美肌になることは昔から言われていることです。

私自身も食生活には気を使い、老廃物を出し、必要な栄養を補給しているので化粧水や乳液を塗らずとも肌荒れはありません。同年代の女性の肌にも負ける気がしません!

まずは体内をきれいにして、内側から美しさを引き出してはいかがでしょうか?

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項