昔の体型に戻れるようにダイエット

男性・女性ともに多いのは、太ったことにより、セックスする気がしないというものです。男性のメタボも、女性の「トド化」も要注意です。ご主人が帰ってきても、玄関まで「お帰りなさい」とお迎えに行かず、ソファーでごろ寝していませんか?
何かしてもらったら、「ありがとう! 」を言っていますか?「当たり前」という心の脂肪のダイエットも大事ですね。
 

下着・ルームウェアなどもオシャレに

おばさん用のショーツやベージュの下着ばかり履いていませんか? 下着も黒い下着やセクシーなシルエットの下着を買ってみたりしましょう。楽なルームウェアをそのままパジャマ代わりにしてはいけません。可愛いパジャマやネグリジェなどで、ムードを出しましょう。急にそんなこと、恥ずかしくてできないというなら、くたくたの下着やジャージをやめることから始めましょう。気を使わなくなったときが要注意です。
 

きちんとお化粧をし、髪にも気を使う

家ではすっぴんの女性が多いです。でも一度じっくり自分の素肌を見てみましょう。しみやそばかす、くすみ、目の下のクマなど酷い顔をしていませんか?
旦那様は、外でお化粧をして綺麗にしている女性たちと会っているのです。
綺麗な髪に男性は惹かれます。髪もボサボサだったり、ゴムで結んでいたりしませんか? 家では毎日無理をする必要はありませんが、たまにはきちんとお化粧をして、髪をセットして一緒にお出かけしましょう。いつもと違うあなたに、昔を思い出すかもしれません。家でも、最低限のお手入れはしておきたいものです。

男性も、メタボのお腹・体臭・鼻毛などを放置していると、奥様もセックスをする気をなくす要因ですので、気を付けましょう。
 

理想の人を見つけて、その人のようになれるように、努力する

ご主人や、奥様の好きなタレントは、誰だか知っていますか? 可愛い系ですか? 綺麗系ですか? グラビア系ですか? すぐには無理でも、少しでも、その人の系統に近づけるように、体型・髪形・洋服などを頑張ってみるのもひとつの方法。40歳を過ぎても素敵な男女はたくさんいます。その人たちと自分はどこが違うのか、少し意識すると、自分に足りなくなっていた部分が見えてきます。男性も、女性も自分のために頑張っている姿に惚れ直すのです。
 

日常の小さなスキンシップを大切にする

週に一度、月に一度でも夫婦の時間を作りましょう。二人だけで食事に出かけたり、家で映画を見たり、マッサージをしたり。家庭から離れ、何気ない会話をするのも大切なこと。手をつないだり、肩をマッサージしたりと小さなスキンシップが安心につながります。そこからセックスにつながるという雰囲気作りも大切です。


セックスレス禁止の法的根拠としては、民放第770条「裁判上の離婚」の五 「その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。」だといわれています。
罰則があるものではありませんが、「離婚調停」や「裁判」の時に不利になります。

例えばセックスレスが離婚理由の場合に、一方が慰謝料を請求した場合に、裁判所が支払いを命じるケースがあります。
セックスレスの問題に、言葉の暴力(モラハラ)や暴力を伴う行為(DV)が加わると、さらにパートナーに精神的・肉体的ダメージを与える事になりますので、調停や裁判においてもいっそう不利になります。

せっかくご縁があって出会った二人、出会ったころの気持ちを思い出し、ドキドキ出来る男と女に戻れる努力をしましょう! 素敵な夫婦生活を送りたいですね。
 

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。