モバイル機器は毎日持ち歩くものだけに、トラブルも発生しがちです。多いトラブルとしては落下や水没があります。修理に関しては保証期間内であったり、端末保障に加入している場合、購入した店舗に持ち込む方法やメーカーに修理を依頼する方法などが一般的です。しかし、これらに当てはまらない場合は、PCやモバイル機器の修理を扱う専門店に持ち込むのもひとつの手です。

修理専門店を利用するメリットは、故障の状態によっては店頭に端末を持ち込むことで、即日修理が可能となることです。急ぎで修理をしたい場合に利用すると良いでしょう。

今回、液晶を破損したiPad miniと、ホームボタンが故障したiPhone 4を、実際に修理専門店にて修理しましたので紹介します。

iPad mini 2液晶修理

iPad mini 2は、端末の落下でディスプレイが一部破損してしまいました。

ディスプレイの破損したiPad mini 2

ディスプレイの破損したiPad mini 2


稼働はしているのですが、割れたディスプレイで作業していると、ガラスで指を怪我してしまう可能性があり、危険です。そのため今回iPadのディスプレイの修理を受け付けている修理専門店に持ち込むことにしました。東京の新大久保にある「アップルリペア」です。

iPad mini 2の修理を依頼した「アップルリペア」

iPad mini 2の修理を依頼した「アップルリペア」


作業は、数時間かかるとのことですので、端末を預けて、翌日受けとることにしました。翌日の受け取り時には、すっかりディスプレイも新しくなって、サービスの保護シートも貼ってもらい、快調に使えています。費用は8700円(税別)でした。

修理後のiPad mini Retina

修理後のiPad mini Retina


iPhone 4ホームボタン修理

iPhone 4のホームボタンが反応しなくなってしまいました。iPhone 4は、香港版のSIMフリー端末で、海外で使用する際に便利なので、未だに愛用しています。技適マークも搭載していますので、日本国内でも利用ができます。

ホームボタンのトラブルは、iPhone 4で多く発生するトラブルです。ボタン回りを指で弾いてボタンの中に溜まっている埃を取る方法など、ユーザー間で流行したりしましたが、その方法でも反応しなくなってしまいました。

iPhone 4の修理には、修理専門店「あいさぽ新橋店」に持ち込みました。

iPhone 4の修理を依頼した「あいさぽ新橋店」

iPhone 4の修理を依頼した「あいさぽ新橋店」


修理は1時間程度で終了。ボタンの動作は正常に戻りました。これで、しばらくiPhone 4を活用できそうです。費用は、3980円(税別)でした。

ボタンが正常になったiPhone 4(写真左)

ボタンが正常になったiPhone 4(写真左)


iPhone、iPadは、人気機種のため、修理専門店にもパーツの在庫があり、店頭修理対応ができます。しかし他の機種となると、キャリアショップやメーカーでの修理が必要な場合も多く、時間もかかると思われます。みなさんも、モバイル機器のトラブルにお気をつけください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。