50代のリフォームのテーマは、子育てのための家から卒業し、自分たち大人のための家づくりをすることにあります。大人世代が便利快適に、そして更に豊かに暮らすための間取りやリフォームのポイントをご紹介します。

30代での家づくりは子育てのための間取りを考える時期

子供

30代は子育てのための巣作りをする時期。庭で子供たちと遊んだ記憶も。

国交省の調査によると、住宅の一次取得者層で一番多いのは30代です。その時期はちょうど子育ての時期に重なりますので、間取りも子育て向きの家が多く見られます。

例えば、キッチンは子供たちの様子を見やすいよう対面スタイルに、2階の日当たりのいい部屋は子供部屋にして、庭は走りまわれるよう広々とした芝生にするといったような、子供たちを健やかに育むための間取りを選んだ人が多いことでしょう。

そしてそこから時が経ち、50代を過ぎる頃になると、生活スタイルは大きく変化しています。小さかった子供たちは大人に、自分たち大人はもっと大人になりました。

 

50代は子育て卒業後、自分たちの間取りを考える時期

リビングの会話

リフォームした人の年齢は、全体の約8割を50代以上が占めている。

この年齢になると体力が衰えた、同じものを食べているのに太ると言ったような身体の変化はもちろんのこと、年を経ることで人生をより深く、余裕を持って楽しめるようになったり、もっと自分自身を高めたいという欲求が沸いてきたり。

子供たちが独立して、自分たちに掛けるお金や時間の余裕ができた人もいることでしょう。そろそろ老後について具体的に考え始める時期でもあります。

実はリフォーム人口の約8割を50代が占めているというデータ(※)があります。30代で家を建てたなら、この時期にちょうど築20年程度になりますので、築年数的にも、また年齢的にもリフォームに最適なタイミングというわけです。(※住宅リフォーム推進協議会調べ)

ではどんなところに注意してリフォームの計画を立てればいいのか?この年代ならではの間取りや建材選びを考えてみましょう。

 

50代のリフォームは子育てから自分たち大人のための間取りへ

熟年

50代のリフォームで自分たち大人が未来を暮らす間取りを考える。

30代と50代では生活スタイルも考え方も変化していますので、暮らしやすい家の間取りは異なります。

30代は子育ての家、50代からのリフォームは、自分たち大人のための家へと進化させる時です。

古くなったから直す、年をとったからただバリアフリーにするという発想でのぞむのではなく、コレカラの暮らしをより便利に快適に、そして楽しむためにはどんな家にすればいいのか?そう考えてリフォームの計画を進めることで、選ぶ材料も間取りも変わってきます。50代からのリフォームは、この先の人生をより豊かにするための、未来のための「人生二度目の家づくり」なのです。

 

例えば、広々とした芝生から手入れが楽なウッドデッキへリフォーム

コーヒーブレイク

ウッドデッキ取り付けは庭の手入れが楽になるので大人世代に人気のリフォーム。

例えば、子供たちのための広々とした芝生の庭。そろそろ草むしりが大変になってきたと感じたら、手入れが楽になるよう、ウッドデッキを取り付けるリフォームをするのもいいでしょう。

ウッドデッキは以前は若い世代が庭で楽しむためのものというイメージがありましたが、今は庭の手入れが楽になり、屋内からの段差が軽減できて高齢者が戸外に出やすくなるため、シニア層に人気が出ています。

ただし、夏の暑さ対策のために日よけを取り付けることも欠かせません。暑さ寒さをやわらげるための工夫も、コレカラの暮らしのためには考えておく必要があります。

 

次のページは、人気の対面キッチンは子育て向き、では50代からのキッチンは?