連載:「アラフォーの“傷跡”。ずっと誰かに言いたかった」第三回

「これまで誰にも言えずに、苦しんできたこと」をテーマに、アラフォー女性が背負っている様々な事情や悩みを聞く連載、第三回。
41歳、ミホさんの場合
「本気の恋がわからない」「幸せってなに?」これまでの人生、何度も恋愛を繰り返してきた。決して不幸なわけではない。だが、ミホさん(41歳=仮名)は、彷徨っていた。
若いときの恋愛はワンクール(3ヶ月)などと言われている。お互いを知り始めたところで、すでにジ・エンド。たかが3ヶ月で何がわかるのだろうと思うが、刺激を求めているだけなのかもしれない。もちろん、自分自身もそうだったのだ、あのころは。

個人差は大きいと思うが、まともに人と向き合い、理解しようとつとめ、一瞬であっても相手とわかりあえるようになるのは、20代後半からではなかろうか。そこから、恋愛は深いものになっていく。結婚に向かう人もいるだろう。

ただ、結婚しないからといって、おかしいとは思わない。恋愛を繰り返す人生だっていいのではないだろうか。本人が納得さえしていれば。

ミホさんは、恋愛を繰り返してきた自分に「モヤモヤしている」と言う。

最初の恋で男に裏切られて……

――ミホさん、最初の大人の恋愛っていくつのときですか?
ミホ:意外と遅いと思います。大学に入ってからだから19歳かな。相手はバイト先の20歳年上の人。バツイチで、当時は独身でした。

――どんな恋愛だったんですか?
ミホ:大事にしてもらいました。この人にとって、私は世界一の女なんだって思わせてくれた。デートのときは車で迎えに来てくれたし、デート代は全部彼が出してくれた。ときどき、「そろそろ新しい洋服がほしいでしょ」って一緒に買い物に行って、洋服から下着まで買ってもらった。ラブホなんて行ったことない。いつもちゃんとしたホテルに泊まっていました。

――その人とはどうなったんですか?
ミホ:1年半くらいつきあったとき、彼が突然、行方不明になっちゃったんです。あとから共通の知り合いに聞いたら、お金がなくなって田舎へ帰ったらしい、と。

――ミホさんのためにお金を使いすぎたんでしょうか。
ミホ:そうみたいです。言ってくれればよかったのにね。そのとき、私、男ってこうやって裏切るのかと思ったんですよ。見栄張っていいかっこして、最後はこうやってポイ捨てなのか、と。

――彼は彼でつらかったんじゃないかしら。
ミホ:でも結果的には、私をアクセサリーのようにしか考えていなかったんじゃないかなあ。お金が続かなくなったら終わり。その程度の女としか思ってなかったということでしょ。

――逆に捨てられるのが怖かったのかもしれませんよ。
ミホ:どうなんだろう。でもその結果、私の恋愛は変わっていったような気がする。

男に求めるのはお金?

――どういうふうに変わったんですか?
ミホ:ちやほやされたこともあったけど、私自身は彼を信頼していたんですよね。でもそれから、信頼することが怖くなったんです。恋愛って信頼関係が基本のはずなのに、そう思っていた私が間違っていたのかもしれない。だったら、こっちが利用すればいいんだ、と。

――次につきあったのはどういう人?
ミホ:大学の教授です。単位がほしかったのと、大学院に行こうと思ったので、粉かけてつきあうところまでもっていった。この人も40代独身でした。

学生生活上、いろいろ便宜をはかってもらった。ときどき、お小遣いもくれたし、いい人でした。同時に、同じ大学でいいとこのボンボンを見つけて、彼ともつきあっていました。

――その人のことは好きだったの?
ミホ:本気になりかけましたね。でも、彼はたぶん、私のことを遊び友だちにしか思ってなかったと思う。「本気になったら負けだな」って思ってた。

――大学を出て就職したんですか?
ミホ:ええ、結局、大学院に行くほど勉強が好きでもなかったし。すでにバブル崩壊後で、就職は大変でしたけど、かろうじて潜り込めました。例の教授のおかげです。

――それからの恋愛は?
ミホ:いつでも相手はいましたし、周りから見たら幸せそうに見えていたかもしれない。そういうふうに振る舞っていたし。でも内心は、もっと愛情を見せてよっていつも思ってた。

――「愛情の証」ってなんですか?
ミホ:お金ですかね、やっぱり。10年ほど前、ある会社の社長と知り合って、マンションを買ってもらったんです。ちゃんと私名義にしてもらって、今でも住んでいます。彼は既婚者だったけど、家を買う程度には私を好きでいてくれたんだなと思って。

そういう思考が身についてしまったんですよ。友だちに言わせれば、「ミホって寂しい人だね」と言われるけど、愛情という形が見えないものを、どうやって形にするかといえば、お金しかないんじゃないでしょうか。

――お金さえあればいいの?
ミホ:そうは思わないけど、お金もかけられないのに何が愛情だよと思います(笑)。

――正直……とも言える気がしてきました。
ミホ:最初のデートで、ラーメン屋に連れていく男性と、予約のとれないイタリアンに連れていく男性、どっちが女性を大事に思っているか。そう考えたら、やはり後者でしょう。

――ミホさんが求めているものを与えてくれる男性に、ミホさんは何かを与えていますか?
ミホ:セックスだったり、心地よい会話だったり。与えていると思いますけど。

――それでミホさんは幸せ?
ミホ:私が結婚していないから、そんなふうに言うんですか?

――結婚は本人の選択だから、別にしなくてもいいと思う。だけど、話していて、何か腑に落ちないものがあるんです。ミホさんが満たされてないような……。
ミホ:ええ。正直言って満たされてない。住まいも確保したし、電話すれば車で送り迎えしてくれる男性だって、今もいます。おいしいものが食べたいと言えば、連れていってくれる人もいる。セックスしたければできる。だけどね……。

>>本気で人を好きになるってどういうこと?