シーズン序盤の監督交代は吉か?

undefined

 

今シーズンのJ1リーグ18チームで、最初に監督交代へ踏み切ったのはヴァンフォーレ甲府だった。第1ステージ11節を終えた5月13日、樋口靖洋監督(54歳)との契約を解除し、佐久間悟ゼネラルマネジャー(52歳)が後任に就いた。

樋口前監督指揮下のチームは、開幕から2勝9敗で最下位に低迷していた。シーズンはまだ3分の1を消化した段階だったが、負の連鎖を断ち切るための監督交代だ。これまでJ2降格を2度経験している甲府だからこその、素早い決断でもある。

シーズン序盤の監督交代で苦境から脱した例は、過去にもいくつかある。

2014年のベガルタ仙台は、リーグ戦6試合を終えた段階で監督を交代させた。グラハム・アーノルド監督(51歳)のもとで2分4敗の17位に低迷していたチームは、渡邉晋監督(41歳)とともに立て直しをはかっていく。最終的には14位となり、J2降格を免れた。

一方で、早期の監督交代が奏功しなかったケースもある。

同じく2014年のセレッソ大阪は、ランコ・ポポヴィッチ監督(49歳)を6月に解任した。しかし、後任のマルコ・ペッツァイオリ監督(46歳)の就任後も成績は上向かず、9月には1シーズンで2度目の監督交代を迫られる。同年のブラジルW杯に出場した日本代表ミッドフィールダーの山口蛍(24歳)、現役ウルグアイ代表フォワードのディエゴ・フォルラン(36歳)らを擁しながら、セレッソはJ2降格を免れることができなかった。

2013年のジュビロ磐田も、5月に監督交代へ踏み切った。後任に指名されたのは、関塚隆監督(54歳)だった。2012年のロンドン五輪でU-23日本代表を率い、世界のベスト4まで勝ち上がった実績を持つ人物である。川崎フロンターレを指揮し、J1リーグで上位争いを演じたこともある。

ところが、磐田はJ2降格の憂き目に遭ってしまうのだ。

J1に残留した2014年のベガルタと、J2へ降格した14年のセレッソ、13年の磐田との違いは何だったのか。

渡邉監督は、ヘッドコーチからの昇格だった。ペッツァイオリ監督と関塚監督は、外部からの招聘だった。

シーズン途中の監督交代だけに、状況は切迫している。個々の選手の特徴やチームの雰囲気などを、新監督は素早く把握しなければならない。その意味で、内部昇格にはメリットを見出すことができる。緊急避難の対応として悪くない。

ゼネラルマネジャーから異動した佐久間新監督のもとで、今シーズンの甲府も低迷から抜け出した。ここまで21試合を消化したJ1リーグ戦で、7勝3分11敗の勝点24で年間順位を14位としている。

ブラジル人フォワードのバレー(33歳)の移籍加入もチームの立て直しを前進させたが、佐久間監督は彼との付き合いが長い。シーズン中の監督就任も2度目だ。スムーズに仕事を進める環境が整っていることが、チームを好転させることにつながっている。


難しい判断を迫られるフロント

21節終了時の年間順位を見ると、6位の鹿島アントラーズから14位の甲府まで、実に9チームが勝点「5」差でひしめきあっている。1勝は勝点3なので、鹿島と甲府の順位が2試合で入れ替わることも数字上は可能だ。

14位の甲府と15位の松本山雅FCも、勝点差は「3」しかない。松本山雅と16位のアルビレックス新潟は「1」差で、新潟と17位のモンテディオ山形は「3」差である。山形と最下位の清水エスパルスは「2」差だ。J1残留圏内にある松本と最下位の清水も、2試合で順位が入れ替わる可能性を秘めているのだ。リーグ戦の残り13試合で、順位が大幅に変動しても驚きではない。

それだけに、各チームのフロントは難しい判断を迫られる。

J2降格圏から抜け出したいチームは、どこかで監督を代えるべきなのか。もうしばらく、静観するべきなのか。「しばらく」とは何試合なのか。残り試合の対戦相手やリーグ戦が中断するタイミングを見据えつつ、最適解を探っていかなければならない。監督交代へ動くなら、中断期間を利用したほうがベターだ。

昨年は5チームがシーズン途中で監督を代えたが、今年はここまで2チームだけである。甲府と鹿島アントラーズだ。常勝チームらしからぬ成績に甘んじている鹿島は、第2ステージ3試合を終えた時点でトニーニョ・セレーゾ監督(60歳)を解任した。

今シーズンから2ステージ制となったことで、第1ステージを不本意な成績で終えたチームも新たなモチベーションで第2ステージに臨める。下位チームへ向けられるフロントやサポーターの視線にも、「ここから巻き返しをはかってほしい」との希望的観測が混ざる。

ここまでのところ監督交代が2チームに止まっているのは、少ない勝点差で競り合っていることに加え、2ステージ制となったことで生まれた”猶予期間”も理由にあげられるだろう。もちろん、監督の仕事ぶりがフロントを納得させているところもあるはずだ。

新戦力の補強によって、順位アップの活路を見出すこともできる。ただし、選手を補強できる期間は決まっている。締め切りは8月7日だ。

J2降格の危機に瀕する清水は、かつて川崎で活躍した鄭大世(31歳)を得点源として補強した。J1残留にかかる出費とJ2降格で被る収入減を量りにかけて、各クラブは監督人事や補強を検討しているに違いない。1試合ごとに変わる順位の裏側で、フロントも格闘している。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。