暦から季節変化を知ることは、農作業の計画を立てるときに役立ちます。前のページでご紹介した満月の名称も、農民にとっては季節を知るすべのひとつとして重要だったに違いありません。

誤解から生まれた新しい定義

19世紀に刊行された『Maine Farmer's Almanac(メイン州農民年鑑)』をひもといていくと、ブルームーンの定義は「3ヵ月(1つの季節)に4回ある満月のうちの3度目の満月」となっています。

つまりブルームーンとは、1月は「Wolf Moon」、2月は「Snow Moon」というように、満月の名称を時節(暦)どおりにするために挿入されたものだったのです。

しかし、1946年にアメリカの天文誌『SKY & TELESCOPE』が、どういうわけか「1ヵ月中の2度目の満月のことをブルームーンと呼ぶ」という誤った記事を掲載。のちに訂正記事が出されましたが、誤解は広まってしまったのだとか。

さらに1980年、人気ラジオ番組『Star Date』が誤ったほうの定義でブルームーンを紹介したのが決定打になりました。

今のようにインターネットやSNSが普及していない当時、雑誌とラジオは情報の源であり、大きな影響力をもつメディア。「1ヵ月中の2度目の満月のことをブルームーンと呼ぶ」が広まって、そのまま定着してしまったのも頷けます。

それに「3ヵ月に4回ある満月のうちの3度目の満月」よりも「1ヵ月中の2度目の満月」のほうが、私たち現代人にとってわかりやすいですよね。

本来の定義とは異なる「1ヵ月中の2度目の満月をブルームーンと呼ぶ」は、もはやモダン・フォークロアなのかもしれません。

さて、ここで疑問がわいてきます。それは、「天文現象ではないブルームーンは、地球上のどこにいても起こるのか」ということ。

その疑問を解決するために、次のページでは「1ヵ月中の2度目の満月」について、理解を深めていきます。  >>