マイボトル・水筒に冷たい緑茶を入れて、夏を乗り切る!

選ぶのも楽しい豊富なデザインのマイボトル。手作り緑茶を持ち歩くのにもぴったり

選ぶのも楽しい豊富なデザインの水筒(マイボトル)。手作り緑茶を持ち歩くのにもぴったり

近頃は、デザイン性の高い水筒(マイボトル)も増えてきました。保温・保冷効果の高い水筒はアウトドアだけでなく、オフィスでも自宅でも大活躍します。マイボトル・水筒で、自分だけのお気に入りの味をカスタマイズしませんか? マイボトル・水筒で作る、冷たくて美味しい緑茶をご紹介します。

<目次> 夏の外出時、「ひと口だけでも今すぐに水分を!」という瞬間があります。紫外線を浴びると身体にはストレスがかかります。ストレスがかかると、体内に老化の原因ともいわれる活性酸素が発生してしまいます。夏の身体は、私達の想像以上に消耗しています。
夏バテ対策,お茶,緑茶

夏バテ対策としても、緑茶を積極的にとりたいところ

そんなときの強い味方は、活性酸素を取り除いてくれる抗酸化食品(フィトケミカル)。緑茶に含まれるカテキンは代表的な抗酸化食品ですし、緑茶にはビタミンCやミネラルなども含まれていますので、夏バテ対策のためにも積極的にとりたいところです。手作り緑茶であれば、自分の好みの濃さや味にカスタマイズ可能。マイボトル・水筒に入れて持ち歩くことができるのも嬉しいですね。
 

緑茶の作り方:オンザロックと水抽出(水出し)

美味しい手作り冷緑茶,お茶

おいしい冷緑茶を作ろう!

  • オンザロックで作る
水筒の8分目まで氷をいれ、急須やティーポットの熱いお茶をいっきに注いで急冷させます。氷が溶ける分、お茶の味が薄まることを考慮して、通常のお茶の入れ方よりも茶葉は多めに急須にいれましょう。

急冷した緑茶は、時間の経過でも色の変色や劣化が少ないので、持ち歩きにもぴったり! 熱い湯でいれることで、お茶の味の特徴でもある「ほどよい渋み」が出せますし、お茶の香りも引き立ちますので、玄米茶やほうじ茶など香ばしいお茶もこの方法がおすすめです。

真夏日で一日中外出するようなときには、ごく少量の天然塩をパラパラッと足しておくと、汗をかいたときの塩分補給にも役立ちます。おせんべいを食べながらお茶を飲むことを想像すると、お茶と塩気は相性の悪いものではありません。実際にはごく少量ですので、お茶の味は変わりません。
 
  • 水抽出で作る(水出し)
緑茶ティーバッグ1個を水筒にいれ、冷水を注ぎ、水筒のフタをきっちり閉めたら、シェイカーを振るようにシャカシャカと数回振ります。この動作によって、茶葉と水が水筒の中で対流し、短時間で味が濃くしっかりと抽出されます。

持ち歩いているうちにお茶の味が濃くなってしまうのが嫌だという方は、お茶が出来上がったら、ティーバッグを取り除きましょう。濃くなってきたら、あとから水を足すという方は、ティーバッグはいれたままでも大丈夫です。

数時間後まで冷たくしておきたい方は、お茶が出来上がってから氷を適量加えてください。水抽出の場合は、お茶の渋みや苦味は出なくて、さわやかな甘みが出ます。

また、緑茶のカフェインは水抽出だと出にくくなる特性がありますので、カフェインが気になる方は水出し緑茶がおすすめです。フルーツ入りの緑茶やミント入り緑茶などハーブブレンドの緑茶もあり、冷茶にすると味も気分も一層さわやかになります。グリーンティー(加糖抹茶)や冷抹茶もおいしいですよ。
 

マイボトル・水筒は外出用だけじゃない

水筒は自宅で使っても便利

水筒は自宅で使っても便利

保温・保冷効果に優れた水筒ならば、氷を多めにいれておけば朝作ったお茶も夕方まで冷え冷えに。自宅に1日中いらっしゃる方も、自分用のお茶を作り、水筒からマグカップに注いで飲めば、毎回冷蔵庫を開けたり閉めたりすることなく、おいしいお茶で水分補給ができますよ。
 

冷房がきついから夏でも温かいお茶がいいという方は……

温かい緑茶は時間経過で色が変色します。朝作った温かい緑茶が、夕方になると赤みを帯びた色になっているのを経験したことがあるかと思います。これは切った葉野菜を冷蔵庫にいれずにおいておいたら、茶色くなるのと同じです。常温でずっと同じ状態がキープされるほうが、ある意味不自然……。残念ながら、緑色の葉っぱである緑茶ゆえに、温かい緑茶は水筒には不向きです。

もし温かく持ち歩きたい場合は、ほうじ茶、釜炒り茶など焙煎度合の高いものか、国産紅茶、後発酵茶(碁石茶など)のように発酵しているお茶がおすすめです。

自分のお気に入りのマイボトル・水筒で、自分好みのお茶の味と濃さで、夏に消耗する身体の疲労回復と水分補給に役立ててくださいね。

【関連記事】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。