各地でアイスショーが開催される

undefined

 

各地でアイスショーが開催され、スケートファンや「一度生のスケートを見てみたかった」という各地の方々が会場に足を運んでいます。

前々回の記事でも紹介しましたが、それらのアイスショーでは、現役選手たちの新しいシーズンの新しいプログラムが初披露されています。
ショー最後のハプニング的なジャンプ大会(スケーター有志が、難しいジャンプを見せる機会のようなもの)では、4回転サルコウ、4回転ループにとどまらず、4回転半回る4回転アクセルを跳ぶ選手たちまで登場しました。



浅田真央選手の新しいプログラムが発表される

4か月つづけた自身のラジオ番組の最終回で、浅田選手が、新プログラムを発表しました。ショートプログラムは、『素敵なあなた』、フリーは『蝶々夫人』、エキシビションの1曲は『Puttin’ On The Ritz』とのことです。

『蝶々夫人』は、フィギュアスケートでときどき使われる曲です。オペラ『蝶々夫人』は悲劇の物語ですが、高らかに希望を謳い上げる部分も魅力的。どんなプログラムなのか、彼女の初戦となる10月3日のジャパンオープンが楽しみです。


新シーズンのルール改正も

前々回お伝えした、グランプリシリーズのアサイン(グランプリ6大会のそれぞれに、どの選手が出場するのかというもの)だけでなく、新しいシーズンにむけて、新しいルール改正も発表になりました。

とても細かいので、1つひとつ追うのは難しいのですが、3回転トウループと3回転サルコウの基礎点が上がったり、4回転ジャンプの回転不足(および回転不足での転倒)の基礎点は上がったりしています。

またペアでは、スロージャンプ、リフト、ツイストリフトの基礎点がアップしています。


結婚式がいくつか

シーズンオフでありジューンブライドの6月でもあり、ということで、3つの結婚式が執り行われました。

6月5日に、メーガン・デュハメル選手(現在のペアの世界チャンピオン)が、コーチのブルーノ・マルコットと、結婚式を挙げました。

同じ6月5日、ベルトン&ブルベイカーとしてアイスショーにも出演したりしている、ステファニア・ベルトン(イタリアのペアスケーター)とロックニー・ブルベイカー(アメリカのペアスケーター)も結婚しています。

そして6月20日には、アイスダンスのアンナ・カッペリーニ選手(イタリア)と、ベルトンの元パートナーで一緒にソチ五輪も戦った、ペアのオンドレイ・ホタレク選手(イタリア)も結婚。介添人には、ミハル・ブレジナ選手(チェコ)の姿もありました。

いずれの結婚式に関しても、本人や出席者たちが、SNSなどに写真や動画をあげているため、その幸せそうな様子を見ることができました。