新しい担当プロデューサーOくん登場

散歩ガイドになって、最初の散歩取材からプロデューサーが同行してくれた。

初代のNくんは、一眼レフのカメラを持って、散歩の風景を撮影してくれた。
だから、僕が映り込んでいることが多かった。

ニ代目のEくんは、ラーメン好きで必ず散歩コースにラーメン店を組み込んだ。
Eくんの時代以降は僕がカメラを持った。そのためEくんが映り込んでいる写真を多く撮影したが、プロデューサーがあまり映り込んではいけないということで、採用するのは後ろ姿などであった。

その後、何人かプロデューサーがかわり、いっしょに散歩してくれる人もいれば、一度もごいっしょしない人もいた。
なぜ武蔵小金井かは追々わかってくる

武蔵小金井駅前でOくんとともに散歩をスタート

というわけで、新しい担当のプロデューサーOくんだ。
メールでプロデューサー交代の挨拶がきたので、
どこか散歩へ行きたいところがあるかと尋ねてみた。

彼からのレスポンスは早かった。
3つほど散歩コースの提案がある。
その中で僕が注目したのは、
武蔵小金井を散歩したいというもの。
実は、これまでこの界隈を散歩しようと何度も調べたのだが、
記事にすることはなかった。
それに、なにやらこの地にはOくん思い出が詰まっているような気がして、
武蔵小金井に決めた。

というわけで、駅前で待ち合わせ。
最近は、プロデューサー自身が写真に登場するのは
少しは大丈夫だそうで、これぐらいはOKかな。
挨拶もそこそこに歩き始めた。
小金井公園の所在地は小金井市桜町三丁目、関野町一・二丁目、小平市花小金井南町三丁目、西東京市向台六丁目、武蔵野市桜堤三丁目となる。とにかく広い!

江戸東京たてもの園は小金井公園内にある

地図で見るとわかるが、JR中央線は東西にまっすぐ延びている。
まるで定規で線を引いたようにまっすぐだ。
その中央線、武蔵小金井駅から垂直に延びているが小金井街道だ。
北へ歩けば都立小金井公園がある。
江戸東京たてもの園は小金井公園内にある。
新緑で鮮やかな緑が素敵!

小金井公園内は桜並木が続いている

訪れた6月初旬は木漏れ日も美しい。
真夏になるともっと葉が生い茂り木陰を作ってくれる桜並木。
1993年(平成5年)3月28日に開園した野外博物館

江戸東京たてもの園の入園料は400円。

というわけで、江戸東京たてもの園へGO!

【関連サイト】
江戸東京たてもの園