現代美術は会議室で語られるものではありません。現場が大切!ということで、今日は展覧会「絵の住処(すみか)-作品が暮らす11の部屋-」を2016年1月11日(月・祝)まで開催している、千葉県佐倉市にあるDIC川村記念美術館へ来ました。実際の会場をまわりながら、現代美術の楽しみ方を6つの法則にのっとってご紹介しましょう。


1.はて?と立ち止まろう

現代美術が「分からない」のは、なぜでしょうか?

この展覧会では、作品の前をスルーしないで、立ち止まってゆっくり見てください。そして「分からない、はて、これは何だろう?」と、作品に話し掛けてみましょう。
前衛美術の部屋(104展示室)undefined展示風景undefined撮影:小川重雄

前衛美術の部屋(104展示室) 展示風景 撮影:小川重雄


 
ふだん私たちは「分からない」ことを、恥ずかしいことだと考えています。美術作品に話しかけてみてください。そのとき「何かに似ている形」とか「色が好き」とか、何かに気が付くはず。その「気付き」が、現代美術の楽しさなのです。


2.作品の向きや角度に気をつけよう

展示室に踏み込むと、彫刻の像が全部後ろ向き、お尻を向けています。
彫刻の部屋(103展示室)undefined展示風景undefined撮影:小川重雄undefined※写真は作品を正面から写したものです。

彫刻の部屋(103展示室) 展示風景 撮影:小川重雄 ※写真は作品を正面から写したものです。


 
この展覧会をキュレーションした学芸員さんは、正面から見る機会が多い彫刻作品を、わざと後ろ向きに置きました。「こういう彫刻の後ろ姿ってこうなのね」ということに気付き、正面からまじまじと眺めて、再びくるっと後ろに回って「背中も美しいな」と感じることができますよね。


3.作品の置き方にも注目

ここにある、ジョゼフ・コーネルの作品は、部屋のインテリアのように置かれています。
ジョゼフ・コーネルの部屋(105展示室)undefined展示風景undefined撮影:小川重雄

ジョゼフ・コーネルの部屋(105展示室) 展示風景 撮影:小川重雄


 
作品の置き方や照明の当て方も、キュレーションの力です。目線の高さでそろうこと、床と水平であること、という展示の既成概念を壊すような展示方法も、最近は多く見受けられます。

この部屋のコーネル作品は、小さな箱にいろいろなものを入れたものや、絵などをコラージュしたものなどが並んでいます。展示室全体も、コラージュしたかのように感じるのは、私だけでしょうか?