2万株のあじさいが訪れる人を待つ八景島


夏が来る前に毎年訪れる梅雨の時期。雨が続き、時折うっとうしさも感じる天気が続いてしまいますが、この時期にカラフルな彩りを魅せる花の一つがあじさいですね。

日本国内には数多くのあじさいの名所がありますが、今回はそんな名所の中から横浜・八景島で楽しめるあじさい鑑賞をご紹介します。海と共にあじさいを眺めたり、ここでしか見られない珍しいあじさいを愛でることができますよ。

 

埋め立てで生まれた八景島が、あじさいの名所になりました!

八景島のあじさい(1)/アクアミュージアムをバックに咲くあじさい

八景島シーパラダイスの水族館、アクアミュージアムをバックに咲くあじさい(2015年6月13日撮影)


八景島(はっけいじま,Yahoo! 地図情報)は、神奈川県横浜市の金沢区にあります。東京湾に面した海を埋め立てて1993年に完成した人工の島です。

島内には水族館や遊園地を持つ八景島シーパラダイスがあり、いつもたくさんの人でにぎわっています。島への入場は無料で、水族館(アクアリゾーツ)の利用や遊園地で遊ぶ分だけお金がかかる形です。
八景島のあじさい(2)/あじさいの向こうに海が広がります

埋め立てでできた島、八景島の6月をあじさいが美しく彩ります(2015年6月13日撮影)

そんな八景島では、オープン当初から島内の各所にあじさいを植栽し、大切に育ててきました。

植えられたあじさいは、全部で約2万株にも及び、年を重ねる毎にカラフルな花が島内を彩るようになり、現在では箱根や鎌倉と並んで神奈川県内のあじさいの名所の一つに数えられるようになりました。

現在ではあじさいの開花にあわせて毎年6月に「八景島あじさい祭」を開催しており、多くの人があじさいを見に八景島を訪れています。

 

それでは、八景島のあじさいを見に行くことにしましょう。次ページからスタートです。