舞台『トロイラスとクレシダ』
横田栄司さんにインタビュー!


横田さん

(撮影:演劇ガイド 上村由紀子)


演劇ガイド・上村由紀子が”今、会いたい舞台人”にインタビューする【演劇cafe】。 第15弾は横田栄司さんです。7月15日(水)に世田谷パブリックシアターで開幕する舞台『トロイラスとクレシダ』(演出 鵜山仁)でギリシャの将軍・アキリーズ役に挑む横田さんに、シェイクスピア作品のことやお稽古場の様子、俳優としてのこれまでやこれからについて、じっくりお話を伺いました。

――『トロイラスとクレシダ』お稽古場の雰囲気はいかがですか?

横田
極めて穏やかに合理的に進んでいる感じですね。ときどき鵜山さんの突拍子もない提案で稽古場が笑いに包まれる事もあり、とても良い雰囲気ですよ。

――ギリシャの将軍・アキリーズ役でのご出演ですが、アキリーズはとても多面的なキャラクターだと感じました。

横田
そうですね、哲学モードになってみたり、急に怒り狂ったりちょっとダラダラしてみたり。そういう意味では皆さんがお持ちの”英雄”としてのイメージより、シェイクスピアならではの人間臭い人物像になっていると思います。それを上手く出していけたら良いなあ、と。

――今回は文学座の鵜山仁さん演出ですが、以前蜷川幸雄さんの演出で、アキリーズと敵対するヘクター役を演じていらっしゃいますね。


横田
これはね、面白いです。 劇中でヘクターの名前が呼ばれると一瞬「ん、俺のこと?」って思っちゃいますし(笑)。で、すぐに「あ、今回は違う違う。ヘクターは(吉田)栄作さんだ」って。稽古中もヘクターのことは気になりますね。

昨日の稽古で、ヘクターとアキリーズが対峙する場面があったんですけど「あ、ここ、栄作さん俺のこと見てくれないんだ、寂しいなー」なんて思ったり(笑)。以前演じた役に対して違う役柄で向き合うのは面白い感覚です。

横田さん

(撮影:演劇ガイド 上村由紀子)


吉田鋼太郎さんとの出会いで
シェイクスピアを深く勉強したいと思った


――横田さんはこれまでも多くのシェイクスピア作品に出演していらっしゃいますが、特に印象的だった作品は何でしょう?

横田

僕、こんなにシェイクスピアをやるつもりで演劇界に入った訳ではないんです。でも以前、吉田鋼太郎さんと『タイタス・アンドロニカス』でご一緒して、鋼太郎さんがタイタスを演じられたのを間近で見た時に「ああ、シェイクスピアをもっとまじめに勉強しないと駄目だな」って凄く思ったんですよ。それをきっかけに、鋼太郎さんが主宰している劇団AUNに押しかけまして(笑)、『夏の夜の夢』の打ち上げの席で「もっとシェイクスピアを勉強したいから、ぜひ公演に参加させてくれ!」って。

それで劇団AUNの公演に出させて貰うようになって……何回目かの『終わりよければすべてよし』のペーローレス役が物凄く楽しかったんですね。嘘吐きでいい加減で、自分の身に危険が及ぶとすぐ味方の秘密情報を喋っちゃう、みたいなヤツだったんですけど(笑)。上手く演じられたとか、そういうことではなくて「ああ、シェイクスピアって面白い人間を描くんだなあ」と再認識しました。劇団AUNでシェイクスピア作品に参加出来た事は自分の中でとても大きい経験ですね。

その鋼太郎さんと出会わせてくれたのは蜷川(幸雄)さんで。蜷川さんには文学座でやらせて頂けないような二枚目も演じさせてもらって(笑)感謝してます。

横田さん

(撮影:演劇ガイド 上村由紀子)


――舞台での横田さんを拝見していると、骨太でありながらセクシー……更に、絶対的な安定感があると感じます。

横田

や、やめて下さい(笑)。安定感とか骨太とか、本人は全く意識していないことですので、そう言って頂くと嬉しい反面何だか照れます(笑)。

――シェイクスピア作品で逞しく存在していらっしゃると思ったら、音楽劇『ガラスの仮面』(2008年・蜷川幸雄演出)では、あの速水眞澄さまを演じられたり。

横田

それこそ本当にやめて下さい(笑)!日本中からクレームがきましたから(笑)!従妹からも「あれは……栄司さんじゃない」って怒られたんですよ(笑)。

――大人の眞澄さん、素敵でした!では『ハムレット』のロンドン公演のお話を(笑)。現地での反応はいかがでしたか?


次のページでは『ハムレット』イギリス、台湾公演の裏話も!