いわずとしれた観光地イタリア・ヴェネツィア。新婚旅行や卒業旅行で訪れた方も多いのではないでしょうか。大人向け観光地のイメージがあるかもしれませんが、じつはヴェネツィアは、子どもにも楽しみがいっぱい。美しいヴェネツィアの景観を子どもと一緒に感動できる旅です。
そのまま額に入れても絵になるような美しさ

そのまま額に入れても絵になるような美しさ
 

まずは、ヴァポレットを乗りこなそう

なんといっても美しい、水の都ヴェネツィア。子連れで出かけてまずマスターしたいのは、「ヴァポレット(水上バス)」の乗り方です。ヴェネツィアは、陸路に車が走りません。移動手段は徒歩もしくはこのヴァポレットがメインです。
「ヴァポレット」は、ヴェネツィアの足。どこにでも行けます

「ヴァポレット」は、ヴェネツィアの足。どこにでも行けます

ヴァポレットは、まるで東京の地下鉄マップのような路線図にそって、入り組んだ水路に船が走っています。60分有効のチケットが7ユーロ、ほか12時間有効チケット、24時間有効チケット…と種類が豊富。長時間チケットになるほどお得ですが、子連れでそれほど移動がない場合は、毎回7ユーロチケットの購入でも十分かもしれません。

まずはヴァポレットに慣れることが、ヴェネツィアを楽しむコツです。長めに乗船する際は、できれば船の先頭付近に乗ってみましょう。運河からの素晴らしい景色が見えます(※ただし、寒い日や暑い日は屋根付き部分への乗船のほうが、子どもへの負担が少ないかもしれません)。
ヴァポレットはぜひ先頭に。美しいヴェネツィアの景色を船上から見渡すことができます

ヴァポレットはぜひ先頭に。美しいヴェネツィアの景色を船上から見渡すことができます

陸路は細かく入り組んでいて、地図を見ながらでも目的地にたどり着けないこともしばしばです。街のあちこちにある立て看板を見ながら移動を。ちょっとした小道にもお店やカフェが並んでいるので、多少迷ってもそれはそれで楽しめます。

入り組んだ道を歩くと、意外と距離が増えがち。子連れで街歩きをする際は、荷物を少なめにして歩きやすい装備で出発するのがおすすめです。
小道をちょっとのぞくと、お店がいろいろ。こちらは量り売りワインのお店

小道をちょっとのぞくと、お店がいろいろ。こちらは量り売りワインのお店
 

アドリア海の真珠・ヴェネツィアの絶景ポイント

上手に街の中を移動できさえすれば、あとはヴェネツィアの美しさを楽しむだけ。美術館も多く、ゆっくり観たいところですが、子連れはそうもいかないかもしれません。おすすめは、やはり「サン・マルコ広場」。“世界で最も美しい広場”ともいわれるこの広場は、子連れでもゆっくり楽しむことができます。ジェラートやシャンパンでもいただきながら、のんびり過ごしてみてはいかがでしょう。

また、ヴェネツィアの中心部から、「ヴァポレット」に乗ってアドリア海へと出ていくコースも手軽に楽しめる絶景ポイント。小さな運河から海へと出るときに開けていく景色の美しさは、大人も子どもも心にも刻まれるシーンになること間違いなしです。
アドリア海からヴェネツィア中心部側をみた風景

アドリア海からヴェネツィア中心部側をみた風景