パワーポイントとノートパソコンという、プレゼンテーションに必須の組み合わせが、最近徐々に変わりつつあります。タブレット端末が普及したことによって、より身軽に行うことができるようになったのです。

しかし、さらに身軽にプレゼンできる仕組みが登場しました。iPhoneからパワーポイントを出力し、そのページ送りをApple Watchによってリモート操作で行う方法です。つまり、プレゼン中に必要な操作は、Apple Watchをタッチするだけ、というシンプルなものになります。

iPhoneに画面出力ケーブルを用意

Lightning VGAアダプター

Lightning VGAアダプター


iPhoneでプレゼンを行うには、プロジェクターに接続する変換アダプターが必要です。Lightning VGAアダプター、またはLightning HDMIアダプターを使用します。

iPhoneにアプリ「PowerPoint for iPhone」をインストール

「PowerPoint for iPhone」

「PowerPoint for iPhone」


まず、iPhoneにアプリ「PowerPoint for iPhone」をインストールしましょう。無料版にはいくつか制限がありますが、プレゼンに関してはほとんど問題なく利用できます。

このアプリはクラウドと連携できるため、ます。例えばDropboxにパソコンで作成したパワーポイント文書を入れておけば、Dropboxにアクセスして文書をダウンロードでき、すぐにiPhoneでスライドショー再生ができます。

iPhoneの画面をプロジェクターに出力

iPhoneの画面を出力している例(プロジェクターの代わりにモニターを使用)

iPhoneの画面を出力している例(プロジェクターの代わりにモニターを使用)


iPhoneとプロジェクターをアダプター経由にて接続すると、特に設定をしなくても画面がそのまま出力されます。

「PowerPoint for iPhone」のリモート操作の設定

Apple Watchにて「PowerPoint for iPhone」起動例

Apple Watchにて「PowerPoint for iPhone」起動例


iPhoneにアプリ「PowerPoint for iPhone」をインストールすると、Apple Watchにも同様にインストールされます。Apple Watchから起動すると、「PowerPoint for iPhoneでプレゼンテーションを開いて続行します」と表示されます。

iPhoneで文書を開いて、Apple Watchでスライドショーを開始

Apple Watchにて「PowerPoint for iPhone」操作例

Apple Watchにて「PowerPoint for iPhone」操作例


iPhone上で「PowerPoint for iPhone」の資料を開き、Apple Watchでも本アプリを起動すると、再生ボタンが表示されます。

Apple Watch上には、画面中央にスライドを進めるボタンと戻すボタンが表示され、画面上部にはスライドショーの経過時間、画面下部にはスライドのページ数が表示されます。

大きな会場でプレゼンを行う場合も、片手でマイクを持ちながら、かんたんにApple Watchで画面を送ることができます。身軽にスマートにプレゼンを行いたい方は、ぜひ、Apple WatchとiPhoneの組み合わせをお試しください。



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※機種やOSのバージョンによって画面表示、操作方法が異なる可能性があります。