夫が「主夫」となったら何に気をつければ……

妻がバリバリ働きたいときの注意点

妻がバリバリ働きたいときの注意点

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回の相談者は、結婚後の家計管理に悩む29歳の独身女性。ファイナンシャル・プランナーの八ツ井慶子さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)


■相談者
花さん(女性/会社員/29歳)
広島県/賃貸住宅

■家族構成
一人暮らし

■相談内容
派遣社員から正社員として採用されることが決まりました。合わせて、結婚も考えていますが、それについてご相談が2つ。まず、保険に未加入なのですが、入るなら貯蓄型と掛け捨てのどちらがいいでしょうか。もうひとつは、現在付き合っている彼には、将来「主夫」として家事、子育てを主にしてもらい、私が大黒柱として家計を支えたいと思っています。その際、とくに家計管理での注意点はあるでしょうか?

■家計収支データ
花さんの家計収支データ

花さんの家計収支データ



■データ補足
(1)奨学金について、完済年月と現在の残高は、2019年完済予定。現在の残高38万4000円

(2)結婚相手の男性の現在の所得(手取額)
派遣社員/16万円(手取額)今後増えても18万円程度

(3)子どもについて
できれば2人希望

(4)住宅購入について
考えていない

■FP八ツ井慶子からの3つのアドバイス
アドバイス1 保険は掛け捨てタイプで家計負担を減らしたい
アドバイス2 夫が手にする遺族厚生年金は少ない
アドバイス3 貯蓄ペースと貯蓄額が合わない理由を明確に
 

アドバイス1 保険は掛け捨てタイプで家計負担を減らしたい

まず、保険についてですが、掛け捨てタイプがいいか、それとも貯蓄性のあるものがいいかの判断は、加入する目的や年齢、家族構成などで異なってきます。お子さんがまだ小さく、大きな死亡保障が必要であれば、掛け捨てタイプが効率的。対して、教育資金、老後資金づくりが主な目的であれば、学資保険や個人年金保険のように貯蓄性のあるものを選ぶことになります。

花さんの場合、まずは目的を明確にしてから、保険加入を考えてみてください。

死亡保障であれば、とりあえずお子さんが生まれてからの検討でもいいと思います。適正な死亡保障を終身保険で確保すれば、保険料が割高ですから、家計負担が大きくなります。高額の死亡保障が必要な間は、定期保険(掛け捨てタイプ)を選択するといいでしょう。一般に必要な死亡保障額は子どもの成長とともに減少していくものなので、段階的に保障額が減っていく収入保障保険が割安でおススメです。

医療保障も、やはり掛け捨てタイプがいいと思います。保険期間は終身、入院給付はとりあえず日額5000円でいいのでは。加入しないで貯蓄でカバーする考え方もあります。保険料負担を考慮しながら、検討してみてください。現状の家計を考えれば、保険料負担をなるべく減らして貯蓄ペースを上げたいところ。加入するにしても、相見積もりをとって比較することも忘れないでください。
 

アドバイス2 夫が手にする遺族厚生年金は少ない

相談にあります「女性が家計の大黒柱になる場合の注意点」ですが、主に2つ考えられます。それは、出産と年金です。

花さんは結婚後、ご主人が主に家事、育児を担当するとのことですが、出産だけは女性にしかできません。出産の前後は当然、女性に負担がかかります。そこで「自分は家計の大黒柱」だからと無理をするのは禁物。十分に出産に備え、また身体をケアをして、ご主人を大いに頼ってくださいね。夫も育児休暇が取れます。出産前後はご主人にフル稼働してもらいましょう。

年金については、老齢年金より遺族年金に注意が必要です。

遺族年金のうち、遺族基礎年金は以前、父子家庭、つまり妻が亡くなった場合に夫には支給されませんでした。しかし、平成26年4月からは子どもがいれば、その子どもが18歳の年度末まで受け取ることができます。

一方、遺族厚生年金は、子どもが受け取るか(18歳の年度末まで)、妻の死亡時に夫が55歳以上であれば、原則60歳以降に受け取れます。対して、妻はそういった年齢制限はありません(※)。

つまり、年金が受け取れる額が遺族厚生年金に関しては妻より夫が少ないことになります。したがって、妻が家計を支えるのなら、自分の死亡保障は多少を多めに掛けることも検討した方がいいかもしれません。
 

アドバイス3 貯蓄ペースと貯蓄額が合わない理由を明確に

最後に、家計について。

まず、毎月の貯蓄ペースが5万円ですから、現在の貯蓄額100万円は2年弱で貯まる金額です。となると、これまでに取り崩しているか、貯蓄できない時期があったということ。その原因が何なのか(何に使ったか)は、確認しておく必要があります。それがわからないと、また同じことを繰り返し、結果、貯蓄がなかなか増えないことになるからです。普段の家計支出はよく抑えているだけに、そこが気になります。

あと、奨学金は借りているのが利子付きであれば、思い切って全額返済してはいかがでしょうか。正社員になられてボーナスも支給されるとのことですから、今後の夏のボーナスに貯蓄分を少し足せば、全額返済が可能でしょう。

(※)遺族基礎年金、遺族厚生年金とも、支給に対して年収850万円未満の収入制限あり

教えてくれたのは……
八ツ井慶子さん
 
undefined

 

ファイナンシャル・プランナー。大学卒業後大手信用金庫に入庫。本当にお客様にとっていいものを勧められる立場になりたいとの思いから、個人相談が中心のファイナンシャル・プランナーとして独立。近著に『ムダづかい女子が幸せになる38のルール』(かんき出版)と『サラリーマン家庭は"増税破産"する! 』(角川oneテーマ21)がある。テレビ、新聞、雑誌などでも活躍中。All Aboutマネーのガイドを務める


取材・文/清水京武 イラスト/モリナガ・ヨウ

【関連記事をチェック】
新婚で妊娠中。夫の収入18万円、貯蓄40万円で焦る
30歳ロンドン在住。起業したいが、まだ貯金が30万円…
33歳月収12万円、月200時間労働で疲れきっています
32歳、妊活のためにフルタイム勤務をやめたいが収入減
39歳主婦、浪費家の夫を改心させ貯金20万貯まったが
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。