アジア側のホテル アジア・ホテル・イスタンブール

この立地の良さ!

この立地を見よ!(©A'jia Hotel Istanbul)

内装のお洒落さでも群を抜いています

内装のお洒落さでも群を抜いています(©A'jia Hotel Istanbul)

何日かイスタンブールに滞在できるのであれば、「ホテルを楽しむ」目的でここに1泊するのもお勧め。というのも、ここは観光エリアから遠いアジア・サイドにあり、しかも中心地から結構離れた立地……。

それでも、ヨーロッパ・サイドの美しい景色を対岸に眺められるボスポラス海峡沿いに建てられたオスマントルコ帝国時代の旧邸宅なだけに、トルコのちょっとした避暑地エリアでセレブ気分を味わうことができるという意味でポイント高いラグジュアリーホテルです。

最近イスタンブールで様々なお洒落レストランをオープンしては次々と成功させているDoorsグループが2004年に始めた新しいホテルで、内装のモダンなインテリアにはため息モノ。また、ホテル内のレストランも有名で、夏になると外から来たセレブのお客さんで賑わいます。たった16部屋しかないこのホテル、1部屋を除いて全部屋からボスポラス海峡を臨むことができるのも魅力。対岸までボートで無料送迎してくれるサービス有り。

<DATA>
A’jia Hotel Istanbul
住所:Ahmet Rasim Pasa Yalisi, Cubuklu Cad. No:27, Kanlica, 34812
TEL:0216-413-9300
料金:2人部屋260~860ユーロ(8%税なし・朝食付)
アクセス: アジア側ウスキュダル船着き場からタクシーで33分

イスタンブールに新オープン! 注目のホテルたち

昨今、新しいホテルのオープンラッシュが続いているイスタンブール。ここでは、そんな中でも注目のホテルを紹介します。


イスタンブールのお洒落アパートホテル

暮らすように、滞在できます

何でも揃っているので、暮らすように、滞在できます

最近まで、あまりアパートホテルがなかったイスタンブールですが、このところ、新市街を中心にちらほらオープンし始めました。多くは繁華街のど真ん中にあり、1泊~1カ月単位での滞在が可能。料金はやや割高なイメージですが、キッチンやランドリーのあるお洒落な内装と家具が完備、無料ワイヤレスインターネットや清掃サービスなどもあることを考えると、短期滞在するにはうってつけかも。ひとときのイスタンブールッ子生活を楽しむのはいかがですか。

アパートホテル1 ザ・ハウス・アパート

シンプルで居心地のいい内装が多い

シンプルで居心地のいい内装が多い(©The House Apart)

自分の家よりくつろげるかも

自分の家よりくつろげるかも(©The House Apart)

その内装デザインのスタイリッシュさやメニューのおいしさからイスタンブールで人気を誇るザ・ハウス・カフェグループが新しくオープンしたのが、ここザ・ハウス・アパート。

トゥネル、ジハンギル、ニシャンタシュ、ガラタサライといった古き良きイスタンブール地区に残る5つのアールヌーボー建築の建物に計30部屋を運営しています。さすがザ・ハウス・カフェが手掛けただけあって、改装された部屋は内装や家具のお洒落さが目を引きます。また、朝食はイスタンブール市内に11店舗展開するザ・ハウス・カフェでいただくことができるのもうれしい限り!

<DATA>
■The House Apart Istanbul
住所:トゥネル、ジハンギル、ニシャンタシュ、ガラタサライなどに点在
TEL:0212-244-3400(センターオフィス)
料金:2人1部屋1泊90~150ユーロ(税・朝食付)

 

アパートホテル2 ハウセズ・スイーツ・アンド・アパートメンツ

しっとり落ち着いた雰囲気が人気

しっとり落ち着いた雰囲気が人気(©Housez Suites & Apartments)

ニシャンタシュにほど近い閑静なお洒落地区、マチカにあるアパートホテル。ビジネスやショッピングに便利な立地が人気です。45、55、65平方メートルと広めで清潔感ある客室が全24室。朝食はホテル内にあるオーガニックレストランでいただくことができます。ここの自家製のチーズは種類も多く、お勧めです。

<DATA>
Housez Suites & Apartments
住所:Suleyman Seba Cad. No:60, Besiktas
TEL:0212-259-0114
料金:2人1部屋1泊100~160ユーロ(8%税なし・朝食付)
アクセス:ベシクタシュ船着き場から徒歩6分、タキシム広場からタクシーで8分
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。