「神田祭ご遷座400年奉祝大祭」とは?

神田祭

神田祭の神輿 秋葉原にて


2015年は、大手町・将門塚周辺に祀られていた神田明神が、現在の外神田へと遷座して400年を迎える記念すべき年。2年に一度行われる「神田祭」も、今年はいつもより盛大に開かれる予定です。今年は何が違うの? という疑問も当然にわいてくると思います。

例年とは違う企画を、まとめてご紹介したいと思います。

1.アニメ「ラブライブ!」と神田祭とのコラボ

今年はアニメの「ラブライブ!」と神田祭がまさかのコラボ。

なぜ神田明神と「ラブライブ!」とがコラボしたのか? この異色の組み合わせの理由は、神田~秋葉原~お茶の水周辺を舞台にしたアニメ「ラブライブ!」、登場人物のひとりが神田明神を実家に巫女さんをしているという設定であり、神社がこのアニメの聖地であるということから実現しました。


ポスターやカステラ、Tシャツなど、コラボグッズが各種そろっています。一部売り切れのグッズもあるので、発売箇所や通販など、詳しいことは公式コラボサイトををご覧ください。

ラブライブ!公式コラボサイト


2.遠州掛川横須賀の山車が16年ぶりに登場

現在では神輿の祭りとして知られる神田祭も、もともとは山車がメインのお祭り。そのなかでも、当時の神田祭の山車文化を今でも色濃く残しているとされる、「遠州掛川横須賀の一本柱万度型の祢里(ねり・山車の意味)」が、ご遷座400年祭を記念して16年ぶりに神田祭に登場します。

登場するのは、5月9日(土)と10日(日)。9日は15:30に岩本町一丁目付近を出発、16:30頃に日本橋三越前で神幸祭の行列と合流して、神田明神へと向かいます。10日は9:00に神田明神を出発、夕刻に将門塚(地下鉄大手町駅・JR東京駅近く)を参拝予定となっています。

遠州掛川横須賀三熊野神社の祢里ルートと主なポイントの通過予定時刻は、こちらの公式サイトへのリンクをご覧ください(PDF、約5MB)。