奥行きのあるワンルームのLDK


写真をクリックすると次の写真に進みます
LDK
1. キッチンからリビングを見る。北側の奥は和室、南側の奥はバルコニー。写真:松岡 淳
2. 階段からリビングを見る。キッチンは東側に面している。写真:石田 篤
台所
3. 天井に吊られたLEDのペンダントライトはパナソニック製。東側に設けられた縦長の窓がキッチンを明るく照らす。
台所
4. 奥の壁と天井との間は間接照明が仕掛けられている。収納とキッチンカウンターの間隔は人が無理なくすれ違える85cm。ガスレンジ脇の壁は汚れに強いキッチンパネル仕上げ。


2階のメインは17帖のLDKで、間口が3.5m、奥行きが8mの東西に長いワンルームの大空間です。
床はウォルナットの無垢のフローリング、南側の壁にはキャンティレバー(片持ち)のカウンター収納が約6mの長さで伸びています。カウンターはテレビ台でもあり飾り棚としても使われています。夜には下に仕掛けられた間接照明によって、いっそう浮遊感を高める心憎い演出が施されています。 置かれているテーブルやソファーなどの家具は奥様のセレクションで、センスの良いモダンなインテリアとなっています。

◆建築データと建築家プロフィール