Lightroom CCとLightroom 6の違いとは?

写真の管理・現像・編集・活用の機能を1つにまとめた人気のソフト「Adobe Photoshop Lightroom(アドビ・フォトショップ・ライトルーム、以下Lightroom)」が、今回のバージョンアップにより「Lightroom CC」と、「Lightroom 6」になりました。
Lightroom CCの現像モジュール画面

Lightroom CCの現像モジュール画面


「Lightroom CC」と、「Lightroom 6」は、いずれも提供方法が異なりますが、どちらも同じ機能をもつ最新版のLightroomです。

「Lightroom CC」はサブクリプションタイプの製品です。期間契約(ライセンスの購入)によって、インターネットからダウンロードしてインストール、使用します。
2015年4月22日現在、「Creative Cloudフォトプラン」の年間契約において、月額980円で最新版のPhotoshopと合わせて利用できます。Creative Cloudの製品がすべて使えるコンプリートプランや学生・教員個人版等でもLightroomは使用できますが、プランによってライセンス費用、月額料金が異なります。

これに対し「Lightroom 6」は、従来のような製品(パッケージ)を購入するタイプの製品で、店頭などで製品購入後、インストールをして使用します。
製品版は16000円、アップブレード版は9600円(Adobe.comのみ販売)です。

Lightroom CCのメリットは、ライセンスを購入している期間中、ずっと最新版へのバージョンアップが行えることです。サブスクリプションのライセンスがあれば、追加費用を必要とすることなく、最新バージョンのLightroomを使うことができます。

デメリットは、支払いをやめてサブスクリプションのライセンスが切れた場合、Lightroomの一部の機能しか使えなくなってしまうことです。

これに対し、製品(パッケージ)版のLightroom 6は、買い切りタイプですので、一度購入すればずっと使い続けることができます。

しかしながら今後Lightroomの最新版が発売された場合には、新たに最新版のLightroomを、(バージョンアップ版などで)別途購入する必要があります。

常に最新版のLightroomが必要で、今後ずっと使い続ける場合、また、PhotoshopやほかのAdobe製品と連携して使いたいという場合は、サブスクリプション版のLightroom CCを。旧バージョンのPhotoshopはすでに持っているし、Lightroomのバージョンアップは毎回行わなくても良いという場合は、パッケージ版のLightroom 6を選ぶと良いでしょう。

>>次のページではLightroomはどんなソフトかを説明