カメラマンも困惑! 電気製品のコード

壁や床を這い回る無数のコード。お部屋が雑然としてしまう原因の一つですね。インテリア写真のカメラマンも、電気製品のコードの処理には頭を悩ませるといいます。せっかく片づけても、コード類のせいでゴチャゴチャした印象になってしまっては損。あの手この手で、スッキリまとめて目立たなくしましょう。

メイン

素敵なインテリアも、電気製品のコードのせいで台無し…?

からむコード

ゴチャゴチャと垂れ下がり、這い回り、からむ電気コード。掃除機もかけにくいしジャマ~!












まとめる

チューブで一本に
無線化は進んだものの、電気製品の数は増える一方。デスク回りやキッチンのコンセントまわりはコードだらけです。何本ものコードが家具の後ろなどに垂れ下がってうるさい場合は、こんなチューブを使って、複数のコードを一本にまとめます。
チューブは太めを選んで、あまりタイトにしないようにしましょう。

チューブ

複数のコードを一本にまとめるチューブ。100円ショップでも買えます

チューブ

チューブでまとめた電気コード。チューブは太めがベター。











要所要所をまとめるだけでも

結束バンド

要所要所でコードを束ねるときは、結束バンド(左)やツイストタイ(右、商品名)などで。輪ゴムは×

チューブに入れてしまうと、電気製品を移動したり、メンテナンスのためにコードをはずしたりするときにちょっと面倒。そんな場合を想定するなら、結束バンドや、写真のようなアイテムを利用して、要所要所を束ねるだけでもスッキリします。この時も、あまりきつく束ねないように。熱に弱く劣化しやすい輪ゴムで束ねるのはやめておきましょう。チューブの中でコードを折りたたむのも厳禁です! 


結束バンド

手に入りやすい結束バンドは、あまりきつく締めないように。束をほどくとき、刃物でコードを傷つけないで。

ツイストタイ

ツイストタイは束ねやすく、すぐにほどけて便利。