存在感を増すネット銀行

ネット銀行の口座数、預金残高が増えています。

ネット銀行の口座数、預金残高が増えています。

 
インターネットでの取引を中心とするネット銀行。日本でも、ネット銀行を利用する人が増えており、ソニー銀行の預金残高は約1兆5000億円、楽天銀行は300万を超える口座数があります(いずれも2009年12月末)。他のネット銀行も預金残高や口座数を増やしています。

ネット銀行には次のようなところがあります。
  • ジャパンネット銀行
  • 楽天銀行(2010年5月にイーバンク銀行から商号変更)
  • ソニー銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行

ネット銀行といえばネット定期 

ネット銀行が扱う商品の中で人気があるのは、都市銀行よりも高めの金利がついたネット定期です。通常でも2倍程度の金利ですが、ボーナスシーズンなどはキャンペーンにより、さらに金利を高くする銀行もあります。ネット定期は、ネット銀行に口座を開くきっかけとなっているようですが、ネット銀行には、ネット定期以外にも様々な商品やサービスがあります。ネット定期の基本や金利比較については「定期預金・ネット定期の活用術」や「選べる!ネット定期預金比較」を参照して下さい。

次ページで、各ネット銀行の商品・サービスを紹介します。