河金さんでワンコインのカツカレーをいただく


以前、入谷にカツカレーの元祖のお店があるというので、食べに行って記事にしたことがある。その時に紹介した「とんかつ河金」さんと同じ名前のお店が、千束通りから、路地に入ったところにある。
町のとんかつ屋さん

河金 千束店 台東区浅草5-16-11

こちらの表にあるホワイトボードには、500円のランチメニューがズラリと並んでいる。これはけっこうイケるはず。そんな予感とともに店内へ。
500円のメニューがたくさんある

午後2時までのランチメニュー

カツカレーの元祖、河金さんということで、やはりここは「かつカレー」でしょ。ワンコインメニューにはチキンカツやメンチカツの定食などもある。時刻は午後1時45分。あ、ランチは2時までだ。急いで店内へ。カウンター、その奥にテーブル席がある。

カウンター席に座り、元気よく、かつカレーを注文。こんな時刻だけれど、常連客でいっぱい。しかも全員が男性客。よくしゃべる中年の男性がひとりいて、テレビを見ながらいろいろ突っ込みを入れている。店の人は適当に受け流しながら、調理している。こういうシーンって下町っぽいね。
これに味噌汁が付いている

ランチのかつカレー 500円

ほどなく、かつカレー到着。ちょっとわかりづらいけれど、ご飯の上に千切りキャベツその上にカツ、そこにカレーがかかっている。
千切りキャベツの場所がなんだか斬新

ご飯の上に千切りキャベツその上にカツがのっている

おいしいし、量もけっこうある。カツも小ぶりだけどおいしい。うれしいのは味噌汁がついてくること。これで500円って驚き。ちなみにかつカレーの元祖といわれる「河金丼」は、こちら千束店にもある。

■河金 千束店
東京都台東区浅草5-16-11
12:00~20:00
定休日:土曜日

次ページでは芳野屋さんで、ラーメン、焼きそばをワンコインでいただきます。