ふるさと納税で年0.50%の高金利

ふるさと納税で高金利ゲット

ふるさと納税で高金利ゲット

地方自治体に寄付をすると金額に応じて税金が安くなるふるさと納税。上限額(家族や年収によって異なる)までなら寄付した金額のほぼ全額(寄付金額の内2000円は戻らない)が戻ってくるうえ、自治体によってはお礼の名産品が届けられることから人気を博しています。

そのふるさと納税をしたことで、高金利定期預金を利用することができる銀行が秋田県にあります。北都銀行のインターネット支店「あきたびじん支店」が、「ふるさと納税特別定期」を取り扱っているのです。預入金額は1口50万円以上1000万円以内。預入期間は1年、金利は年0.50%もの高金利です。

利用するには、秋田県、秋田県内市町村に対して、1年以内に2000円以上ふるさと納税を行った個人になります。2000円以上のふるさと納税1件につき、1口の定期預金を作成することができます。ふるさと納税を1年以内に行ったことが確認できる各市区町村宛の振込領収書・納付書の控え、Yahoo公金払、クレジットカード決済の控え、寄付証明書などを郵便またはe-mailであきたびじん支店に送付する必要があります。

秋田県内でふるさと納税を行っているのは、秋田県、横手市、湯沢市、にかほ市、八郎潟町、羽後町、上小阿仁村、秋田市、能代市、大館市、男鹿市、鹿角市、由利本庄市、潟上市、大仙市、北秋田市、仙北市、小坂町、藤里町、三種町、八峰町、五城目町、井川町、大潟村、美郷町、東成瀬村になります。

預金利息でふるさと納税

鳥取県の鳥取銀行のインターネット支店「とっとり砂丘大山支店」では、「故郷(ふるさと)とっとり応援定期」を扱っています。1年物定期預金で金利は年0.26%ですが、預入金額は1口あたり500万円、利払式の自動継続扱いになります。預入れによる預金利息の中から毎年1万円ずつ、鳥取県のふるさと納税「こども未来基金」へ寄付することになります。利用できるのは、鳥取県外居住の方だけです。

手続きの流れは、初回預け入れ時に、預金から寄付金1万円(初回預入時のみ利息ではなく顧客の預金からの寄付になります)を自動引き落としし、鳥取県へふるさと納税されます。1年後の満期時には、利息額から寄付金1万円を自動引き落しし、鳥取県へふるさと納税することで、毎年・自動的に鳥取のお礼の品が届く仕組みです。

ふるさと納税のお礼の品は5つのコースから選ぶことができます。5つのコースは、肉コース、賀露水産物コース、あいサポートコース、乳製品コース、境港水産物コースがありますが、賀露水産物コース、境港水産物コースは季節によってお礼の品は変わります。

また、とっとり砂丘大山支店では、オープン記念特別金利定期預金を平成27年7月31日まで扱っています。預入期間は6ヵ月、金利は0.50%と高金利なのですが、預入金額が1口当たり300万円とやや高額なのがネック。1人1口までの預入れですが、せっかくのオープン記念ですから、知らしめる意味で最低預入金額のハードルを下げてもらいたかったです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。