現在、リビングデザインセンターOZONE6階のロードサイドスクエアで、「住まいの環境デザイン・アワード2015 受賞作品展」が開催中です。
「住まいの環境デザイン・アワード」は、“人と環境と住空間の真の融合”をテーマに、良質なデザインの住宅事例を幅広く募集する、東京ガス主催のコンペティションです。今回は全国から215点の応募があり、2014年10月の一次審査、12月の二次審査を経てグランプリをはじめとする24点の受賞作品が決定しました。
本展では、グランプリ・準グランプリ・優秀賞に輝いた5作品を中心に、各賞受賞作品を竣工写真や図面で紹介しています。暮らし・環境・デザインが調和した住宅は、現代生活の様々な背景を写し出すだけでなく、これからの時代に求められる住まい像を考察するきっかけを提示しています。この機会にぜひご覧下さい。
undefined

 

住まいの環境デザイン・アワード2015 受賞作品展

~人と環境と住空間デザインの真の融合をめざして~
会期:2015年3月19日[木]~3月31日[火]※水曜休館(祝日を除く)
10:30~19:00 入場無料
会場:リビングデザインセンター OZONE 6階 ロードサイドスクエア
主催:東京ガス株式会社
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
お問い合わせ:リビングデザインセンター OZONE TEL.03-5322-6500(代)
undefined

 

会場のロードサイドスクエアには、グランプリ・準グランプリ・優秀賞に輝いた5作品のうち4作品の模型を、各受賞作品のパネルが囲うように展示されている。

undefined

 

グランプリに輝いた納谷 新さん(納谷建築設計事務所)の[360°]は、川崎市麻生区の斜面地に2013年に完成した、納谷さんのご自邸。
室内は6つのレベル差があるが、居心地の良い空間で構成されています。2階には大きく張り出す芝生のテラスを設け、見晴らしのいい周辺の景色をぐるりと見渡せます。

undefined

 

準グランプリの河田 剛さん(とのま一級建築士事務所)の[Tの住宅—月極駐車場の上の住宅—]は、兵庫県西宮市上甲子園に昨年完成した、月極駐車場の上に住むというユニークなプランの住宅です。
鉄骨造で長期優良住宅の認定を受けており、住宅密集地でのプライバシーに配慮しながらも、開放的な暮らしを可能にしている住まいです。

undefined

 

優秀賞の仲 俊治さんと宇野悠里さん(仲建築設計スタジオ)の[食堂付きアパート]は、東京の下町に昨年完成した、SOHOと食堂とシェアオフィスがひとつになった、3階建ての職住一体型のアパートです。
立体路地で建物を巡ることができる、食堂、アパートともに街に開かれたプランになっています。

undefined

 

優秀賞の谷尻 誠さんと吉田 愛さん(Suppose design office)の[広島の小屋]は、広島県の山間部に昨年完成した平屋です。
大きな平屋根の下は四方に透けるアクリル板に囲まれた空間で、水回りや生活スペースは床から一段下げたところに分散して配置させるという、これまでにないユニークなプランです。

undefined

 

優秀賞の[花畑団地27号棟プロジェクト]は、藤田雄介さん(Camp Design inc.)山設計工房都市再生機構のコラボレーションによる、東京都足立区にある花畑団地(1966年竣工)のボックス住棟の改修計画です。
建具を改修の主な対象としたリノベーションで、既存のスチールサッシを木製サッシに取り替え、サッシを取り除いたままにした半屋外のルームテラスを設けています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。