今や舞台出身の俳優が支えていると言っても過言ではない日本のドラマ界。4月スタートの新ドラマでは『心がポキッとね』の阿部サダヲさん、『三匹のおっさん2』の志賀廣太郎さん、『アルジャーノンに花束を』の石丸幹二さんら、個性も腕もある舞台発の俳優陣が刺さる演技を見せてくれそうです。


4月スタート『Dr.倫太郎』には蓮見栄介役で出演

そんな春スタートのドラマの中でも特に大きな話題を呼んでいるのが水曜22時に日本テレビ系列で放送される『Dr.倫太郎』。実はこの作品、主演の堺雅人さんをはじめ、蒼井優さん、高橋一生さん、真飛聖さん、余貴美子さん、長塚圭史さん、石橋蓮司さん、高畑淳子さん、小日向文世さんら舞台出身or積極的に舞台に出演している俳優さんがこれでもか!というモードでキャスティングされている”超演劇人ドラマ”なんです。

そんな『Dr.倫太郎』キャスト陣の中でガイドが特に注目するのが、倫太郎が勤める慧南大学病院・脳外科の主任教授、蓮見栄介役の松重豊さん。え、松重さんって『孤独のグルメ』のゴローさんでしょ?あの人って舞台の人なの?……そうなんです、実は松重豊さんは舞台発の俳優さん。という事で、今最も熱い熟男俳優・松重豊さんの魅力に迫っていきましょう!

下北沢

「みん亭」がある下北沢南口(撮影:上村由紀子)


甲本ヒロトさんとは元バイト仲間!

松重豊さんは1963年生まれの52歳。福岡県の高校を卒業後、明治大学文学部文学科に入学し、同大学文学部の演劇専攻を卒業。その後、三谷幸喜氏率いる「東京サンシャインボーイズ」に入団し、三谷氏が手掛けるいくつかの舞台に参加します。

「東京サンシャインボーイズ」と言えば、西村雅彦さんや小林隆さん、梶原善さんら個性的な俳優さんが舞台に立っていたわけですが、メンバーの一人・甲本雅裕さんの実兄がミュージシャンの甲本ヒロトさん。そのヒロトさんと松重さんは10代の頃、同じ日に下北沢の中華料理店「みん亭」(みん、は王へんに民)で働き始めたバイト仲間だったのです。流石「演劇と音楽の街・下北沢」! 今考えると凄い並びですよね。ちなみにこちらの「みん亭」のラーメンと餃子は演劇人の間でも有名で、宮藤官九郎さんもその味を愛する一人です。

その後「東京サンシャインボーイズ」を離れた松重さんは1986年に演出家・蜷川幸雄氏が主宰していた「ニナガワ・スタジオ」に入り、蜷川氏演出の舞台に何作か出演するものの、1989年に同スタジオから離脱。その後しばらくフリーの俳優として活動し、その後俳優業から足を洗う決意をします。

その理由は、舞台を中心に活動する俳優なら誰しも一度はぶつかる”あの事”でした。

松重さんの人生の転機とは? ←次ページ(クリックすると飛びます)