外観も中身も設計がユニークな建築

大阪市中心部の中之島エリアは、文化施設がいくつも集まっています。中でも国立国際美術館は、遠くからでも目を引きます。アルゼンチン出身の建築家シーザー・ペリによる建築は、竹の成長と現代美術の発展を表しているのだとか。入口からエスカレーターで降りて地下の展示室へ、という設計も世界的に珍しいそうです。

国立国際美術館undefined外観

国立国際美術館 外観


 

コレクションの中心は現代美術

国立国際美術館は、いまは中之島にありますが、その前は大阪府吹田市にありました。1970年の大阪万博にあった万国博美術館を活用して、1977年に国立国際美術館としてオープンしたのです。やがて建物の老朽化などの課題が生じたため、2004年に現在の地へ移転しました。

地下2階から階上を望む

地下2階から階上を望む


 

多くの美術館では、コレクションと呼ばれる所蔵作品があります。国立国際美術館のコレクションは、オープン当時から現代美術がメイン。戦後の絵画や彫刻、写真など幅広いジャンルの作品を約7000点収蔵しています。とはいえ、中世以降の美術品もあり、展覧会は現代美術に限りません。一年にだいたい8~10の展覧会を開催しています。

国立国際美術館undefined内観

国立国際美術館 内観


 

エスカレーターを降りると、ジョアン・ミロの陶板壁画やアレクサンダー・コールダーのオブジェなどの常設展示作品を見ることができます。そして空間が明るいのは、すきまから自然光が差し込むように設計されているためです。

1階エントランスロビー

1階エントランスロビー