完璧な舞台に隠されたエピソード

煌びやかな舞台装置と衣装、正装の観客で完成された美の世界というイメージのオペラですが、それでも劇場は生の舞台。耳を疑うようなエピソードがたくさんあります。今回は、20世紀のスターと有名な作品に纏わる悲喜劇のエピソードを紹介しましょう。


20世紀の歌姫マリア・カラス

オペラに興味がない人でも、マリア・カラスの名前を知っている人は多いのではないでしょうか。カラスは、科学分野におけるアインシュタイン、IT産業におけるビル・ゲイツのように、オペラの世界では大事なスターです。カラスの魅力は、歌声や声量だけではなく、その演技力、特に自分の役に入り込む技量にありました。

カラスがオペラ界にデビューする以前には、ソプラノ歌手は歌うことだけに心を砕き、感情移入や女優としての役割は顧みられませんでした。カラスはその意味で革命的で、オペラ史上最も有名で名高いソプラノの地位を得ました。カラスは史上初の歌手兼女優であり、ヴェルディ「椿姫」のヴィオレッタ・ヴァレリーや、プッチーニ「トスカ」のフローリア・トスカのような劇中の人物に命を吹き込んだのです。音楽レーベルがカラスのCDを増刷し続けるのは、彼女の歌が新人の歌手たちにとって大変ためになる教科書であり、世界中のオペラファンを魅了し続けているからです。


マリア・カラスの喜劇的なエピソード

20日大根

マリア・カラスは大根役者??

1955年12月28日、ミラノのスカラ座でヴェルディの「椿姫」の公演を終えたカラスは、カーテンコールで、聴衆から大量の花束と一緒に二十日大根の束を投げつけられました。

彼女の公演に不満をいだいた聴衆からの嫌がらせでしたが、ひどい近眼だったカラスは、ファンからの花束と勘違いして、それを誇らしげに床から拾い上げ胸に頂いたのです。

 

スカラ座の聴衆

ミラノのスカラ座で「椿姫」を演じることは実は非常に難しいのです。スカラ座の聴衆は、世界でも有名な生粋のオペラファンで、彼らに認められれば世界的なスターになるという登竜門になっています。「椿姫」はこうあるべきだというイメージが出来上がっているため、カラス程の実力を持ってしても彼らを満足させることはできなかったようです。

実際に、カラスの他にも、ソプラノのレナータ・テバルディがブーイングを受けていますし、同じくソプラノのミレッラ・フレーニに至っては聴衆と口論になりました。この時の指揮者は偉大なるカラヤンでしたが、それでも聴衆の怒りは収まらなかったようです。

イタリアのオペラの伝統とイタリア人のラテン的性格がまじりあっての結果でしょうね。イタリア人はサッカーとオペラに情熱を注ぐのです。 次のページでは、悲劇的な実話エピソードについてお話します。