日本オペラの名作『イリス』……時代の犠牲になった作曲家

日本オペラの名作『イリス』

日本オペラの名作『イリス』

ピエトロ・マスカーニ(1862-1945)は、真実主義屈指の名作『カヴァレリア・ルスティカーナ』で有名な作曲家です。真実主義とは、リアリズム文芸運動とも呼ばれ、19世紀末から20世紀初めにかけてイタリアで流行しました。オペラにおいては、現実的な感情表現を表し、物語的要素を排除した作品を生み出しました。

マスカーニは、ムッソリーニに『ネローネ』と言う作品を捧げ、独裁政権の音楽家とみなされたため、ムッソリーニ失脚後には無一文となり、ローマのプラザホテルで絶望と貧困に喘ぎながら息絶えました。17のオペラ作品を後世に残しましたが、世界的に有名なのは 『カヴァレリア・ルスティカーナ』と『友人フリッツ』のみです。まさに時代に翻弄された作曲家の作品の内、今日は皆さんに『イリス』を紹介したいと思います。
 

もう一つの日本オペラ、『イリス』

『イリス』は、真実主義というよりは象徴主義の作品となっています。象徴主義は、ボードレールの文芸作品『悪の華』をきっかけに、21世紀後半にフランスやベルギーで起こった運動で、 自然主義や現実主義とは対極をなし、客観的事実にこだわらずに内面的なものを表現しようとしました。

『イリス』が真実主義であれ、象徴主義であれ、素晴らしいオペラ作品であることには変わりがないのですが、残念なことに、あまり有名ではありません。

「イリス」とは植物の「あやめ」と言う意味で、物語は19世紀末のヨーロッパで流行したオリエンタリズムに基づいた空想上の日本を舞台に描かれています。現実世界とはかけ離れた日本で、オペラならではの魅力的な登場人物によって独特のエキゾチックな物語が紡がれていきます。
 

登場人物とあらすじ

イリス、日本人の娘
チェーコ、イリスの父
大阪、金持ちで享楽的な若者
京都、若い女衒
ディーア、芸者
行商人
乞食

目の見えない父親と暮らすイリスは、ある日、悪夢を見て目覚める。庭に出て花の世話をしているイリスを、京都と大阪が悪い企みを抱いて見つめている。二人は、音楽家、芸者、侍と人形劇を始める。父親は、劇に興味を持ったイリスを止めるが、彼女は、大阪が演じる太陽の息子ヨールに惹かれ、父親の言うことを聞かない。芸者たちはイリスを囲い込み、侍が彼女の口を塞いで、イリスは誘拐されてしまう。大阪は、わざと小銭入れと手紙を残し、行商人に頼んでその手紙を読んでもらった父親は、イリスが自らの意志で吉原に行ったと思ってしまう。

京都の家で、イリスは自分が天国にいると勘違いする。大阪は自分は「快楽」と言う名前だとイリスに伝え、彼女は、お坊さんに快楽は悪だと説かれたことを思い出し、泣いて大阪を拒絶する。イリスは、吉原一若い新人として売り出される。

ある日、父親が吉原でイリスを見つけ、イリスは父親に駆け寄るが、娘に捨てられたと思い込んでいた父親は彼女の顔に泥を投げつける。父親のひどい仕打ちを理解できないイリスは、井戸に身を投げる。半死の状態で、大阪、京都、父親の声を聴くイリスの体は、突然太陽の光を受けて輝き、幸福と愛の中、天国へと旅立つ。
 

若きプッチーニへの影響

このような一風変わった登場人物が、美しい音楽と、現実離れした東洋の香りに彩られて、奇妙な物語を歌い上げます。初演を観た若きプッチーニは、自分の次の作品も日本を舞台にすると誓いました。その作品こそ『蝶々夫人』であり、『イリス』の完成度の高さを表すエピソードとなっています。

マスカーニの他の作品と同様に、『イリス』はイタリア的な 華々しさとメロドラマ的な要素に満ちています。本当の日本とは程遠い想像上の国を舞台にしていますが、当時の西洋世界が東洋をどのように捉えていたのかを、素晴らしい音楽を通して垣間見ることができます。

『蝶々夫人』ほど知られていませんが、ぜひ聴いていただきたいオペラ作品の一つです。
  【関連記事】


■映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題!


[初回初月無料おためし]映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽などが月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス。簡単登録でいますぐお楽しみいただけます!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。