父子家庭で、収入は頭打ち。貯蓄ができず、今後の生活が不安

収入を増やしにくい自営業、これからかかる子どものお金をどうしたらいい?

収入を増やしにくい自営業、これからかかる子どものお金をどうしたらいい?

皆さんから寄せられた家計の悩みにお答えする、その名も「マネープランクリニック」。今回は父子家庭で頑張る自営業30歳の男性。ファイナンシャル・プランナー、平野泰嗣さんが担当します。
※マネープランクリニックに相談したい方はコチラのリンクからご応募ください。(相談は無料になります)

■相談者
伊藤かますさん(仮名)
男性/30歳/自営業
埼玉県/賃貸住宅

■家族構成
長男(2歳/保育園)

■相談内容
マッサージ業を営んでいます。父子家庭のため、育児等で働ける時間が制限され、収入が頭打ちの状態です。貯蓄もあまりできず、老後も不安ですが、現在の生活がより不安です。節約はすでに限界を感じています。副業や投資など、2万、3万円でも収入アップする方法はないでしょうか?

■家計収支データ
「伊藤かます」さんの家計収支

「伊藤かます」さんの家計収支


■家計収支データ補足、他
(1)「保険料1万円」内訳について
長男/学資保険(18歳満期、満期金200万円)=保険料8000円
本人/共済(病気死亡400万円、入院4500円)=保険料2000円 

(2)子どもの進路について
大学卒業まで教育費は全額親が負担してあげたいが場合によっては奨学金利用も考えているとのこと。

(3)雑費について
大半は紙おむつなど、子ども関連の支出

■FP平野泰嗣からの3つのアドバイス
・アドバイス1 今の状況に対し焦らず、現状維持でよしとする
・アドバイス2 目先を考えず長いスパンで貯蓄計画を考える
・アドバイス3 投資等は1年分の生活費を確保してから

 

アドバイス1 今の状況に対し焦らず、現状維持でよしとする。本業を伸ばしていく工夫が大切

データを拝見する限り、父子家庭のため食費は少し高めですが、自営業のため家事にあまり時間は取れないことを考えるとやむをえないでしょう。十分切り詰めて生活していることがうかがえます。父子家庭で、お子さんがまだ2歳であれば、確かに時間も育児に取られがち。相談者の伊藤さんが言われるとおり、収支については現状が限界でしょう。

であれば、少なくとも今は無理に収入アップを目指すのではなく、現状維持でよしとしてはどうでしょう。焦らずとも、お子さんが乳児保育から幼児保育に、そして小学校に入学する頃には、雑費の大部分を占める、紙おむつ代などの子ども関連費の支出を抑えられるようになります。また、お子さんも成長するにつれ、伊藤さんが仕事に使える時間も増え、結果的に貯蓄に回せる資金も増えるはずです。

また、副業に手を付けるより、本業を伸ばす方が賢明だと思います。今後時間が増えてくれば、会社帰りのサラリーマンやOL相手に営業時間を夜間まで伸ばすなど、工夫はいろいろできるのではないでしょうか。

時間ができ、新しいことに取り組むのであれば、インターネットを活用した集客方法を身に付けたりするなど、現在のビジネスに役に立つスキルを身につけ、本業を伸ばしていくことに集中した方が、収入を増やす可能性が高まります。

また、手に職があるということは、定年もなく、健康であれば自分が希望する年齢まで働くことができます。常連の顧客を相手に自分のペースで仕事ができるのも強み。今はそのための準備期間と考えてみてください。
 

アドバイス2 目先を考えず長いスパンで貯蓄計画を考える

伊藤さんは「老後より目先の生活」と言われていますが、私は今が苦しいからこそ、長期的にライフプラン考え、そのための貯蓄プランを立てていくことが大切だと考えます。

実際に伊藤さんの今後の収支について、シミュレーションをしてみました(表参照)。収入がアップせず今と同じ水準で推移するとしても、お子さんが大学入学時から3年間は赤字となるものの、学資保険の満期金と貯蓄で十分カバーできます。
 
「伊藤かます」さんのキャッシュフロー

「伊藤かます」さんのキャッシュフロー


また、50代前半で貯蓄も1000万円超となり、ある程度の老後資金も準備できることがわかります。

もろちん、このとおりに収支が推移するとは限りません。しかし、将来を数字で示すことで、ただ焦るだけではなく、どうして資金づくりをしていけばいいかという道筋が見えてくるのです。
 

アドバイス3 投資等は1年分の生活費を確保してから。確定拠出年金を考えては

投資については自営業者の場合は、休業の補償がないため、万が一に備え、300万円貯まるまでは控えた方がいいと思います。現状の収入アップを目的に今リスクを取ることは、やはり避けるべきです。

実際に投資をするなら、300万円を超える分に関して、毎月1万円でもいいので、確定拠出年金制度(個人型)を利用して積み立て投資を行うといいでしょう。積み立てた全額が所得控除の対象となりますので、それだけでも自営業者には大きなメリットになります。

教えてくれたのは……
平野 泰嗣(ひらの やすし)さん
 
undefined

 

ファイナンシャル・プランナー、キャリアコンサルタントとして活躍。FPの妻と2人でFPオフィス Life & Financial Clinicを創立し、「自分らしく生きること」をモットーにライフ・ファイナンス・キャリアの3つの視点でのアドバイスをする。中小企業診断士として経営者・従業員のライフプラン支援も行っている。著書に『30代夫婦が働きながら4000万円の資産をつくる 考え方・投資の仕方』(明日香出版社)。All Aboutマネーの連載『ふたりで学ぶマネー術』も人気


取材・文/清水京武

【関連記事をチェック】
赤字家計に悩む38歳女性。双子の教育費も心配
教育費がかかる45歳、貯金20万円。衝動買いを止めたい
40歳、月収10万円。親の買い物依存で家計破綻しそう
 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。