ファッションを彩る新しいランジェリーの世界

パリ国際ランジェリー展

1月24日からパリで開催されたパリ国際ランジェリー展

女性にとって下着は、毎日身に着ける身近なファッションです。体の悩みを解決する機能性の高い下着も大切ですが、欧米では、もっと下着のお洒落を楽しんでします。1月24日から3日間パリで開催されたパリ国際ランジェリー展では、最新のランジェリーが紹介されました。

2015年秋冬のテーマは1920年代の華やかな時代

パリ国際ランジェリー展

この秋の最新のランジェリーのファッションショー

会場では、各メーカーからこの秋のランジェリーを集めたファッションショーが行われます。ファッションショーのテーマは、激しい戦いだった第一次世界大戦が終わった1920年代の華やかで豊かな時代がテーマです。

女性たちは、苦しいコルセットから解放され、映画「華麗なるギャッツビー」のようなナチュラルで華やかなファッションを楽しんだ時代です。化学繊維がまだなかった当時のランジェリーは、現代とは違って伸縮性がない素材で作られ、オーダーメイドで作られる高級なランジェリーでした。

現代は化学繊維などの素材開発が進み、女性のボディに欠かせないランジェリーは、ますますお洒落なランジェリーに進化しました。今回は、パリ国際ランジェリー展で取材したランジェリーブランドを紹介します。

次のページでは、取材したお洒落なランジェリーブランドを紹介します。