【新商品】 YKK AP 「ソフトブラインド網戸」

視線を遮りながら柔らかい風を採り入れる


たっぷりとした太陽光やさわやかな風を取り込むには、住まいに適した窓のプランニングがとても重要。しかし、敷地条件や周辺環境によっては、せっかく窓を設けても、外からの視線が気になり、カーテンやブラインドを閉めたままというケースもみられます。YKK APからは、視線をカットし、通風を確保することができる、「ソフトブラインド網戸」を2015年3月2日に発売。YKK APが提案する「小エネ(ローエネ)で、暮らそう。」というコンセプト(光・風・熱・水を上手にコントロールすることで、小さなエネルギーで快適に暮らす 生活)を実現できるアイテムのひとつです。

「ソフトブラインド網戸」施工イメージ

「ソフトブラインド網戸」施工イメージ
 

■視線をカットしながら通風が可能に
「ソフトブラインド網戸」は、2層の網とスラット(日差しや視線を遮るための「はね」)が一体となったポリエステル製の生地で構成されたもの。スラットを開くと網戸となり、閉じると視線や日射を遮るブラインドとなるため、季節や時間を問わずさまざまな使い方が可能です。

スラットが開閉操作はボールチェーンで行うため、ブライドと網戸、それぞれを開閉する複数の操作をしなくても済み、また、網戸とブラインドが一体化されているので、窓辺もすっきりと納まるでしょう。

■レールに固定、風でも揺れ動かない
「ソフトブラインド網戸」は、窓の内側に設置するもの。網はYKK製ファスナーを採用した独自の構造により、窓額縁に設置したレールとしっかりと固定され、風が吹いても揺れ動くことはなく、蚊などの昆虫が侵入する隙間もありません。

また、ブライドの生地は、本体から取り外し、洗濯(手洗い)することも。いつでも清潔さを保つことができるでしょう。設置が窓の内側なので、マンションでも取り付けることが可能です。

視線が気になりブラインドなどを下ろしても、風が強いと揺れてしまい、結局窓を閉め切ることになってしまう、というのはよくあるもの。自然の風を取り入れた暮らしを望んでも、エアコンに頼らざるを得ないこともあるでしょう。視線を遮りつつ、風を取り込むことができる商品であれば、使用するエネルギーを抑えつつ、心地よさを得ることができるのではないでしょうか。

■ソフトブラインド網戸 商品概要
構造/フレーム:アルミ形材、生地:ポリエステル

カラー/フレーム :シルキーホワイト(WM) 網(生地):アイボリー

メーカー希望小売価格(※消費税・現場搬入費・取付費は含まず)
/たてすべり出し窓 03611サイズに取付けた場合
幅(W)353mm × 高さ(H)1,091mm  39,500円 

[詳細情報]  YKK AP


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。