新幹線の種類によって停車駅が違うので注意!

解説画像

北陸新幹線W7系。東京と富山を最短2時間8分で結ぶ

いよいよ2015年3月14日(土)に北陸新幹線が開業します。『かがやき』『はくたか』『つるぎ』と3種類の電車があり、富山県内の停車駅【黒部宇奈月(くろべうなづき)温泉駅、富山駅、新高岡(しんたかおか)駅】はそれぞれ異なります。

○『かがやき』(速達タイプ)
・東京方面(東京駅、上野駅※1、大宮駅)⇔富山駅のみ※2
※1 上野駅は一部のみ
※2 臨時便の一部は新高岡駅も停車
○『はくたか』(停車タイプ)
・東京方面(東京駅、上野駅、大宮駅)⇔富山県内の全駅(黒部宇奈月温泉駅、富山駅、新高岡駅)
・長野駅⇔富山県内の各駅(同上)
○『つるぎ』(シャトルタイプ)
・金沢⇔富山県内の一部の駅(富山駅、新高岡駅)

解説画像

富山県の玄関口、富山駅。速達タイプも停車。


“速達タイプ”と呼ばれる『かがやき』は県中央の主要ターミナルである富山駅にだけ停車し、黒部宇奈月温泉駅、新高岡駅には停車しません(※一部の臨時便は新高岡駅にも停車)。富山県にとにかく早く足を運びたいという場合は『かがやき』が便利です。

一方で、トロッコ電車や宇奈月(うなづき)温泉、立山黒部アルペンルートなど山岳観光エリアにお越しの際には黒部宇奈月(くろべうなづき)温泉駅に停車する『はくたか』が便利です。

世界遺産の五箇山(ごかやま)合掌造り集落や、寒ブリを求めて氷見(ひみ)漁港を目指す場合、あるいは隣の県の飛騨や能登を目指す場合も、『はくたか』に乗って新高岡(しんたかおか)駅に下車した方が便利です。

所要時間は以下にまとめました。

○北陸新幹線停車駅と所要時間
黒部宇奈月温泉駅・・・はくたか(東京⇔黒部宇奈月温泉)2時間30分ほど
富山駅・・・かがやき(東京⇔富山)2時間10分ほど、はくたか(東京⇔富山)2時間40分ほど
新高岡駅・・・はくたか(東京⇔新高岡)2時間50分ほど、かがやき臨時便の一部

次のページでは北陸新幹線の料金・割引チケットの入手方法などをご紹介します。