Mさんの家は、府中競馬場の近くの住宅地にあります。間口6.5m、奥行き18mの南北に長い敷地に、建築予算2400万円以下という条件の下で、設計を依頼された建築家の桑原茂さん。
コスト面で相反する「柱と梁の架構の単純化」と「空間を豊かにする複雑化」というテーマを、どのように解決したのでしょうか。

南北に伸びるボックスの家


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
1. 道路から約2mセットバックして駐車スペースにしている。1階に玄関ドアとワークルームの入口が並ぶ。※=写真:桑原茂建築設計事務所
外観
2. 南側の庭から見ると、大きな窓とテラスにより変化のある外観をしている。※
模型
3. 断面模型。家の中心にある天井高1.4mのロフトが、床レベルに変化をもたらしているのが分かる。※


北側の道路から南の庭に向かってスリーブ状に箱を引き延ばしたような形をしたこの住宅は、一見すると間口約5m、奥行き約12mの単純な箱のように見えます。
しかし建物の間口の幅を固定して、階の間に挿入したロフトにより床レベルの違いを生み出すことで、変化に富んだ空間を造り出しています。

◆建築データと建築家プロフィール