横浜市の花・バラが楽しめるのは春と秋!

2009年に誕生した新品種・横浜開港150周年記念のバラ「はまみらい」(港の見える丘公園ローズガーデンにて、2014年5月16日撮影)

2009年に誕生した新品種・横浜開港150周年記念のバラ「はまみらい」(港の見える丘公園ローズガーデンにて、2014年5月16日撮影)


横浜市の花は「バラ」。そのため、横浜市内には、バラがたくさん植えてあります。バラは年に2回、春(5月中旬から6月中旬)と秋(10月中旬から11月中旬)に楽しめ、特に有名なのが、港の見える丘公園と山下公園に整備されたガーデンです。美しいバラを愛でながら、横浜中心部を散策してみませんか。バラが楽しめる7つのバラスポットを紹介。

<おすすめバラスポット>
  1. 港の見える丘公園 ローズガーデン
  2. 山下公園 沈床花壇「未来のローズガーデン」
  3. アメリカ山公園
  4. ブラフ99ガーデン
  5. 野毛山公園 サンクガーデン
  6. 横浜イングリッシュガーデン
  7. 横浜・八景島シーパラダイス
 

1:港の見える丘公園・ローズガーデン(山手)/横浜のバラで最も有名

イギリス館前庭の様子(2018年5月11日撮影)

イギリス館前庭の様子(2018年5月11日撮影)


横浜のバラスポットで一番人気なのが、港の見える丘公園周辺でしょう。「イギリス館の前庭」「イギリス館~山手111番館にかけて続く後庭」「大佛次郎記念館前の沈床花壇」の3つのガーデンが整備されており、無料で楽しめます。

イギリス館前庭には、1991年にローズガーデンが開園。2016年3月に「イングリッシュローズガーデン」として再整備されました。約8千平方メートルのガーデンには約2万株の植物が植えられており、そのうち約150品種1200株がバラだそう。
イギリス館裏庭はバラと多年草を組み合わせたガーデンとなっています(2018年5月11日撮影)

イギリス館裏庭はバラと多年草を組み合わせたガーデンとなっています(2018年5月11日撮影)


イギリス館裏から山手111番館裏にかけて続く後庭には、約80種500株のバラが植えられています。ゆるやかな起伏のあるガーデン内には、水路やベンチなどが設けられ、ゆったりと散策できます。
山手111番館裏庭は水路が設けられ、起伏のあるガーデン(2018年5月11日撮影)

山手111番館裏庭は水路が設けられ、起伏のあるガーデン(2018年5月11日撮影)


隣接する大佛次郎記念館前の沈床花壇は、2016年3月の「香りのローズガーデン」としてオープン。周りより一段低い「沈床花壇(ちんしょうかだん)」であることを活かし、一年中、芳香種のバラや草花、花木の香りと彩りが楽しめます。
大佛次郎記念館前の沈床花壇のようす。歩くとふんわりと草花の香りが漂います(2018年5月11日撮影)

大佛次郎記念館前の沈床花壇のようす。歩くとふんわりと草花の香りが漂います(2018年5月11日撮影)


港の見える丘公園は、1962(昭和37)年に開園。海を見下ろす「展望台」と山下公園に続く散策路「フランス山」も含めた広い公園です。いつ訪れても緑がいっぱいの気持ち良いスポットです。
今も昔も横浜を代表する観光スポット・港の見える丘公園の展望台(2014年5月16日撮影)

今も昔も横浜を代表する観光スポット・港の見える丘公園の展望台(2014年5月16日撮影)


住所:横浜市中区山手町114
URL:港の見える丘公園(横浜市環境創造局)
地図:Yahoo!地図情報
※花と緑であふれる「ガーデンネックレス横浜2018」開催中。みなとエリアは6月3日まで⇒All About NEWS

 

ローズガーデンのおすすめ1.人気のバラスイーツでひと休み

カフェ・ザ・ローズ「ローズソフトクリーム(400円)」(2015年5月21日撮影)

カフェ・ザ・ローズ「ローズソフトクリーム(400円)」(2015年5月21日撮影)


バラを楽しんだ後は、バラスイーツでひと休みしませんか。山手111番館に併設している喫茶室「カフェ・ザ・ローズ」では、「ローズソフトクリーム」が販売されています。天然ローズの優しい香りとコクのある味わいが楽しめる、人気のスイーツです。窓口で販売されるテイクアウトのほか、カフェ内ではフルーツも乗せたソフトクリームセットやケーキセットが食べられます。
※カフェ・ザ・ローズについては⇒記事:朝ドラ「まれ」横浜編で希が食べ歩いたケーキ屋はここ(2015年5月)
 

ローズガーデンのおすすめ2.山手西洋館めぐりとローズケーキ

山手周辺には、全部で7つの山手西洋館があります。ローズガーデンに隣接するイギリス館と山手111番館だけでなく、他の5館(山手234番館、エリスマン邸、ベーリック・ホール、外交官の家、ブラフ18番館)でもバラが楽しめます。お土産に「山手西洋館 ローズケーキ」(山手234番館、山手111番館、エリスマン邸、ベーリック・ホールにて販売)もおすすめ。
※山手西洋館めぐりについては⇒記事:横浜・山手の西洋館めぐり おすすめコース(2016年3月)

 

2:山下公園・沈床花壇(山下)/横浜マリンタワーも見える

山下公園のローズガーデン。日本郵船氷川丸をバックにバラが撮影できます(2018年5月11日撮影)

山下公園のローズガーデン。日本郵船氷川丸をバックにバラが撮影できます(2018年5月11日撮影)


港の見える丘公園からフランス山を下りていくと山下公園に到着。日本郵船氷川丸の前面に沈床花壇が整備されています。2016年4月に「未来のローズガーデン」として、バラの歴史の流れを過去から未来へと受け渡す、横浜のシンボルガーデンに生まれ変わりました。約190種2650株のバラをはじめ、宿根草などが植えてあり、1年を通し、無料で楽しめます。
山下公園前の沈床花壇は2016年4月に「未来のローズガーデン」として再整備されました。横浜マリンタワーをバックに(2018年5月11日撮影)

山下公園前の沈床花壇は2016年4月に「未来のローズガーデン」として再整備されました。横浜マリンタワーをバックに(2018年5月11日撮影)


住所:横浜市中区山下町279
URL:山下公園(横浜市環境創造局)
地図:Yahoo!地図情報
 

3:アメリカ山公園(山手)/バラ以外の草花も!中華街駅すぐの立地

アメリカ山公園はみなとみらい線元町・中華街駅6番出口のエレベーターを上がってすぐ。駅出口壁面につたう可憐なバラ(2014年5月16日撮影)

アメリカ山公園はみなとみらい線元町・中華街駅6番出口のエレベーターを上がってすぐ。駅出口壁面につたう可憐なバラ(2014年5月16日撮影)


2012年4月に全面オープンした、全国初の「立体都市公園」。みなとみらい線 元町・中華街駅舎の上部とアメリカ山部分が一体化して整備されました。元町・中華街駅6番出口から、エレベーター・エスカレーターを使って、ラクラク上がれます。見晴らしのよい園内には、バラをはじめ、さまざまな草花が植えてあります。
アメリカ山公園ではバラとさまざまな草花との競演が楽しめます(2014年5月16日撮影)

アメリカ山公園ではバラとさまざまな草花との競演が楽しめます(2014年5月16日撮影)


住所:横浜市中区山手町97-1
URL:アメリカ山公園
地図:Yahoo!地図情報
 

4:ブラフ99ガーデン(山手)/花や緑を1年中楽しめる

2014年4月に開園した山手本通り沿いの広場「ブラフ99ガーデン」(2015年5月21日撮影)

2014年4月に開園した山手本通り沿いの広場「ブラフ99ガーデン」(2015年5月21日撮影)

バラを中心に宿根草や樹木が植えてあります(2015年5月15日撮影)

バラを中心に宿根草や樹木が植えてあります(2015年5月15日撮影)


2014年4月、港の見える丘公園の拡張区域として、山手本通り沿いに開園した広場。山手の洋館の前庭をイメージし、バラや宿根草、樹木が植えてあり、1年を通して花や緑を楽しむことができます。山手で昔から用いられている石積みの擁壁『ブラフ積み』が一部再現してあり、歴史的背景について学べます。

住所:横浜市中区山手町99-5
URL:ブラフ99ガーデンについて(横浜市環境創造局、PDF)
地図:Yahoo!地図情報
 

5:野毛山公園サンクガーデン(桜木町・野毛エリア)/横浜開港記念のバラ

野毛山動物園に隣接している野毛山公園にあるサンクガーデン(2015年5月23日撮影)

野毛山動物園に隣接している野毛山公園にあるサンクガーデン(2015年5月23日撮影)

56種170株のバラが楽しめます(2015年5月23日撮影)

56種170株のバラが楽しめます(2015年5月23日撮影)


野毛山動物園から、つり橋を渡ったところにある野毛山公園。みなとみらい21地区を見下ろす高台にあるサンクガーデンには、2009年に誕生した、横浜開港150周年記念のバラ「はまみらい」をはじめ、約56種170株のバラが花を咲かせます。

住所:横浜市西区老松町63-10
URL:野毛山公園(横浜市緑の協会)
地図:Yahoo!地図情報
 

6:横浜イングリッシュガーデン(西区平沼町)/珍しいバラが揃う

横浜イングリッシュガーデンの約50mも続くローズアーチは圧巻!(2018年5月11日撮影)

横浜イングリッシュガーデンの約50mも続くローズアーチは圧巻!(2018年5月11日撮影)


2012(平成24)年3月にリニューアル。横浜市の花・バラを中心に、横浜の気候風土に適した花や樹木を使ったイギリス風の庭園が満喫できます。珍しい品種のバラが多く鑑賞できることから、バラの季節には行列ができるほど大人気です。
※横浜駅からの無料送迎バスについては→こちら

住所:横浜市西区西平沼町6-1 tvk ecom park
営業時間:10:00~18:00 ※時季によって変動あり
入園料:大人1000~500円 小人400~200円 ※時季によって変動あり
休園日:年末年始
URL:横浜イングリッシュガーデン
地図:Yahoo!地図情報
※混雑を避ける裏ワザなど、くわしくは別記事で→横浜イングリッシュガーデンで横浜市の花・バラを堪能
 

7:横浜・八景島シーパラダイス(金沢区)/360度バラを見渡せる!

横浜・八景島の中心に位置する「丘の広場」では、約30種500株の色とりどりのバラが楽しめます(画像提供:横浜・八景島シーパラダイス)

横浜・八景島の中心に位置する「丘の広場」では、約30種500株の色とりどりのバラが楽しめます(画像提供:横浜・八景島シーパラダイス)


横浜・八景島の中心に位置する「丘の広場」は、「ローズヨコハマ」や「ミスターリンカーン」など、約30種500株もの色とりどりのバラが楽しめる隠れたバラスポット。360°ぐるりと海に囲まれた丘の上のバラ園は、他にはないフォトスポットでもあります。2018年5月12日(土)~20日(日)までは「第3回 八景島バラフェスタ」が行われ、5月19日(土)特別イベント「ばらマルシェ」も開催。

住所:横浜市金沢区八景島
営業時間:平日 10:00~20:30 ※時季によって変動あり
土日 10:00~21:00 ※時季によって変動あり
料金:入島無料 ※丘の広場は無料。水族館、アトラクションなどは有料
URL:横浜・八景島シーパラダイス
地図:Yahoo!地図情報
 

横浜とバラには古い歴史が…観賞へ行く前に知りたい横浜とバラの繋がり

2018年6月3日まで「ガーデンネックレス横浜2018」が開催されており、日本大通りでもバラが楽しめます(2018年5月11日撮影)

2018年6月3日まで「ガーデンネックレス横浜2018」が開催されており、日本大通りでもバラが楽しめます(2018年5月11日撮影)


ところで、横浜市の花はなぜバラなのか、ご存知ですか? 1989(平成元)年、市政100周年・開港130周年を記念して市の花を制定することになり、市民に好きな花を投票してもらったところ、バラが一番人気でした。その結果、花と緑があふれる街を創造するシンボルとして、9月23日に横浜市の花としてバラが制定されました。

また、バラと横浜のつながりは古く、幕末~明治の開港時代にさかのぼります。外国人居留地だった山手地区には西洋文化がどんどん入ってくるようになりました。1870(明治3)年に山手公園がつくられ、フラワーショーが開かれるようになったそうです。このころ、日本で初めてバラが持ち込まれたと考えられています。

そんな横浜の歴史を彩ってきたバラが楽しめるのは、春と秋。紹介した7スポットのほかにも、横浜市役所周辺や横浜公園、日本大通りなど、市内各所に植えられています。散策途中に見つけてくださいね。

【関連サイト】
横浜イングリッシュガーデンで横浜市の花・バラを堪能
朝ドラ「まれ」横浜編で希が食べ歩いたケーキ屋はここ
横浜・山手の西洋館めぐり おすすめコース
緑の木々に囲まれて佇む洋館 エリスマン邸
バラ(薔薇)の花言葉!色別&本数別の意味
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。